2021年12月 9日 (木)

大戸屋でランチ

期間限定のメニューです。

Pc086114

広島産カキフライ。

Pc086116

味噌漬け四元豚の炭火焼。焦げ目が少しあって食欲をそそるのだが味

噌味は強くないです。980円。

Pc086123

カキは2個多くしたのでボリュームがあるし、フライにするのが一番

旨いと思っているので大満足です。タルタルソースのほかトンカツソ

ースのようなものもつきます。タルタルソースは塊が大きくてフライ

にはほとんど付かないのだけれど、これどうすればカッコよく食べる

ことが出来るのだろう。1220円。

Pc086119

Pc086124

ミニ香味から揚げです。ミニとされているが肉は大きめのが2個です

。胸肉のようですね。200円。

Pc086125

かぼちゃコロッケ。大戸屋定食には必ず付いてくる一品で熱々のはず

だが今回のはあまり熱くなかった。作り置きしてあるのかも知れない

。200円。ご馳走様。

2021年12月 4日 (土)

生蕎庵で十割蕎麦

Pc046113

人気店らしいので開店時間11時30分の10分前に行ったのだが既

に先客の車が駐車していました。

Pc046104

細麺はもりそばらしいのでそれの大盛を注文します。

Pc046105

店内にはこのようなスピーカーが置かれていて店主はかなりのオーデ

ィオ好きと見ました。

Pc046109

もりそば大盛です。量がやや少ないように感じるが十割なので仕方な

いか。

Pc046110

最初に塩で食べてみるようにとのこと。蕎麦の味がよりわかるようで

す。細麺とされるが思ったほどではなく中細麺といったところでしょ

うか。麺は旨いのだがやはり量が少ないなー。

Pc046111

Pc046112

一人なので中央の大型テーブルに座ったのだが、後から入って来た5

人が同じくこのテーブルに座ります。学部だのゼミだのと話している

ので大学の関係者と思われるが、やたらと大きい声で私の目の前で話

すのには閉口した。この場で他所の蕎麦屋を話題にするのも気に入ら

ない。教養のありそうな人たちだが何なんでしょうねこの人たち。

2021年12月 3日 (金)

勝山城博物館

Dsc09094

約30年前に開館した時に来ているのだが、ほとんど覚えていないの

で初めて来たようなものだ。勝山市出身の多田清氏が創立した城に模

した建物であって歴史的価値がないのは残念だ。

Dsc09098

江戸時代初期にこのような城があったら立派過ぎて家康は激怒したの

ではないか。

Dsc09100

立派な門をくぐり入館します。

Dsc09107

最初にエレベーターで6階に上がり展望台から勝山の街を眺めます。

城風建物としては日本一の高さらしい。

Dsc09109

3階では甲冑や刀剣、武具、屏風などを展示しています。桃山時代の

物もあるのだが江戸時代に作られた鑑賞用の物が多いようでした。

Dsc09137

2階では今井俊満による大障壁画を見ることが出来ます。主にフラン

スで活躍していた人らしいが、なぜここにこのような大作があるのか

と驚かれるはず。ぐいぐいと人を引き付ける絵はすばらしくて、こち

らに来て良かったと思います。おすすめです。