2018年7月16日 (月)

丸亀製麺で鴨丼

丸亀製麺では店自慢の釜揚げうどんをいただくのはもちろんなのだが。

Dsc00911

本日は穴子の天ぷらがないので、いか天と野菜かき揚げを選んでいま

す。

Dsc00912

これは初めて見ました。鴨肉に粉をつけて油で焼き、ご飯に乗せて丼

とした物。上の白いのは生姜です。合鴨と思うが思いの外柔らかくて

もちろん鶏より別の旨みがあります。汁は甘辛くてご飯と合うね。小

サイズしかないのは、うどんが本業だとする亀田製麺の矜持でしょう

か。ご馳走様。

2018年7月15日 (日)

京田辺 山ぶきで天ざるそば

京都府京田辺市にある「山ぶき」は蕎麦の名店として名高い。あまか

ら手帳などに何度か登場していて訪問の機会をうかがっていました。

Dsc00894

車での訪問です。店の裏手に有料駐車場があって駐車券を持参すれば

無料の印がもらえます。開店は11時半からだが5分ほど前に到着し

ました。

Dsc00896

本日の蕎麦粉は富山産らしいのだが大野産も使っているらしくてなに

か嬉しい。

Dsc00897

蕎麦屋にしては珍しいと思うのだが、蕎麦を中心とした定食物が充実

しています。炊き合わせなど京都らしい料理が付いてしかも手頃な価

格であってぜひとも注文したかったのだが提供は12時からだという

早く入店した人は一品料理に舌鼓を打ちながら一杯やり12時を待

ということらしい。私もそうしたかったので相方に運転をお願いし

のだが「いや」の一言のみ。仕方あるまい。これぞだし巻きという

らいのふわふわした食感です。

Dsc00904

穴子の焼いたのだが蒸しは入っていなくてばりばりした食感です。香

ばしさはあるのだが私のイメージとはちょっと違いました。関西風と

言うことでしょうか。

Dsc00900

大盛りの天ざる蕎麦です。

Dsc00901

細麺できりりと角が立っています。さすがに雑誌に登場するだけのこ

とはある。蕎麦独自の旨みも十分でするすると喉を通過していく。

Dsc00903

エビ2本に野菜。からりと揚がっていました。

Dsc00906

蕎麦も美味いが一品料理や定食が実に魅力的でこれで一杯やれたらど

んなに幸せだろう。電車での再訪を心に誓ったのでした。

2018年7月 8日 (日)

かっぱ寿司でファグラ入り茶碗蒸し

所用で松本へ。平湯からは安房峠トンネルを通れば楽だし早いのだが

、通行料がもったいないので旧道を走ります。

Dsc00869_2

緑のトンネルの中を走るのはなかなか気持が良い。カーブが連続する

ところがあるものの通行車は少ないし景色も悪くない。昔はみんなこ

の道を走ったのだよね。

Dsc00871_2

158号線沿いのかっぱ寿司です。回転寿司業界で一人負けの状態だ

ったらしいが、食べ放題を実施するなどして状態は上向きつつあるら

しい。メニューを見ても以前はいつも同じ内容の感じだったが変わり

種が増えていました。この減塩醤油は私のお薦め。

Dsc00872_2

たとえばこの極上とされる生ウニは一貫280円で以前のかっぱ寿司

ではあり得なかった物。

Dsc00873

Dsc00874

Dsc00876

Dsc00877

Dsc00878

Dsc00879

そしてこれですね。ファグラの入った茶碗蒸し。380円。ファグラ

など食べたことは数えるほどしかないわけだが、そのなめらかさや口

に広がる濃厚さはいかにもそれらしい。黒っぽい甘みのあるソースが

掛けられていてこれがファグラの旨みを増加させています。美味い。

寿司の名店でこれが出てくると違和感を感じるだろうが、回転寿司店

ならば全く問題ありません。

Dsc00880_2

エビで終わりとしましょう。ご馳走様。