2018年4月25日 (水)

安曇野 蕎麦処 こうや訪問

安曇野の街道沿いは蕎麦の名店がひしめいているわけだが、松川村に

予定があったのでこちらにうかがいました。

Dsc00603

周りは田んぼと畑の中ごく普通の住宅といった風情です。

Dsc00595

昼時であるが客は私一人。玄関近くのテーブルに座りました。

Dsc00593

先ず出てきたお茶と漬け物。松川村の蕎麦屋はこれが普通なのでしょ

うか。漬け物をいただきお茶をすすると心が落ち着くのは間違いあり

ません。

Dsc00598

蕎麦の量を聞いてみると普通だという。かえって量がわかりにくいの

だが2枚を注文しました。

Dsc00596

Dsc00597_2

リンゴをブルーベリーで漬けたものらしい。リンゴの酸味とブルーベ

リーの甘みが感じられて美味い。売り物になると思います。

Dsc00600

麺は細麺で二八ぐらいと思われます。地元の粉を使用しているはずだ

がさっぱりした味の印象で、するすると喉を通過します。

Dsc00602

おばちゃんに勧められた山菜の天ぷら。一人前は量が多いとかでこち

らはハーフサイズです。タラの芽、こごみ、ふきのとう、その他さく

さくと揚がったのを食べるのは美味い。店の場所からしても地元の方

中心に訪れているようで、こういう店も有りだな。また松川村に来た

ら再訪しましょう。

2018年4月24日 (火)

東横インの朝食

Dsc00591

甲府駅南口Ⅱの東横インだがエレベーター内にはキャンペーンのポス

ターが貼ってあります。岡山もそうだったので全店で展開しているら

しい。

Dsc00584

炊き込みご飯。

Dsc00585

さすがに山梨だね、ほうとうのみそ汁です。麺はきしめんぐらいの幅

で食べやすい。何より麺につるつる感があって口当たりがとても良い

のです。小さいながらカボチャも入っていて正にほうとうだな。お代

りをしました。

Dsc00588

鶏の焼いたのを見たのは初めてです。

Dsc00590_2

こちらのコーヒーは濃いめでなかなかよろしい。この日は珍しく中華

系言語を聞くことがなかったです。騒がしくされると落ち着かないの

だよね。

2018年4月23日 (月)

甲州ほうとう 小作

ほうとうは山梨の郷土料理であって県民は何があっても先ずはほうと

うという状態であるらしい。

Dsc00580

県内に10店舗を構えるという有名店です。甲府駅前店を訪問しまし

た。

Dsc00576

奥行きのある店で、小あがりがいくつもあり団体客でも大丈夫なよう

です。

Dsc00566

先ずは瓶ビールで一杯。公園などを歩き回ったおかげで喉にしみる。

Dsc00567

ほうとうセットを注文しました。煮貝と馬刺。上のは大きなタコの入

った酢の物です。煮貝は柔らかくて上品な味付けでした。馬刺はくせ

がなくもっと欲しいくらいだしニンニクもショウガももっと多くて良

い。

Dsc00575

ほうとうセットの出てくるのが遅そうなので追加したビリカラこんに

ゃく。少々古そうなもので感心しなかった。

Dsc00574

ほうとうが鉄鍋に盛られてやってきました。鍋は熱いのでやけどしな

いようにと注意を受けます。

Dsc00573

山菜の他ジャガイモ、里芋、白菜、ニンジン、椎茸、ゴボウなどがこ

れでもかとばかり鍋に展開しています。汁はやや甘みを感じる味噌味

。そしてほうとうだが、きしめんをはるかに凌駕する太さと幅であっ

てとても一気にすすり込むというわけにはいかない。いかに口の大き

い人でも一度は噛みきる必要があるでしょう。麺はすべすべというか

つるつる感がなくてなにか固まりを食べているようだ。いわばスイト

ンの感じ。これが本当にほうとうなのか。それほど美味いとも思えな

いのだが。周りの人は全員がほうとう鍋を食べていてしかも実に美味

そうだ。私の場合初めてなので舌が慣れていないのでしょう。

Dsc00578_2

秘密のケンミンshowによれば、ほうとうにカボチャは絶対に必要

なものらしい。鍋が運ばれてきたときカボチャが見えなくて心配した

のであるが下の方から出てきました。良かった、良かった。とにかく

量が多く食べきるのに時間がかかります。満足しました。