2017年7月10日 (月)

NEOPASA静岡 炙ラーメン 明で味玉ラーメン

一筆画ってあるでしょう。この要領で出発インターチェンジに戻っ

てくると理屈では高速道路代が無料になるらしい。鯖江インター

を出発し、名神、東名高速道路を清水JCTから新東名に入り豊

田JCTから東名に入ると鯖江に帰ってくることが出来るわけです

。そんなことをして何の得があるのか疑念を抱く向きもあるのだが

、高速で走るって快感があるでしょう。物好きな人間であるのは間

違いない。

001
鶏ガラ系と魚介系の Wスープが自慢の店らしい。

002
味玉ラーメンを注文。叉焼は厨房で炙っているとされています。

003
煮玉子は無造作に入れてあり切ってないのだがまあ良いか。

006
自慢の叉焼は確かに炙りたてのようです。香ばしくて美味い。醤

油味のスープはあっさりしていてこれなら全部飲めるな。麺がね

、最初かん水臭いというか薬ぽい味を感じたのは残念でした。食

べ進めると気にならなくなったけどね。

最後は福井インターで降りています。鯖江で降りると何かややっ

こしいことになりそうな気がするのでね。本日の走行距離750㎞

ぐらい。

2015年7月28日 (火)

SR400タペットの調整

バルブクリアランスの調整とも言うらしい。何年か前に自力で調整

したことがあったのだが、それ程距離も伸びていないのにエンジン

のカチカチ音が大きくなってきた。やはり年式には勝てないと言う

ことかな。まあ後二年頑張ってもらうと言うことで再度調整すること

にしました。

002

003
燃料タンク、シートを外します。

005
プラグを外してピストンの上死点を合わせます。カバーにはさんで

あるガスケットが破れてしまった。もうこのままでいきます。

007
前回調整したロックナットが緩んでしまったことも考えられたので

すよ。ナットは堅く締まっていました。やっぱり使用による経年変化

だな。

011
2回目ともなると簡単に調整が完了しました。これでもう少し走り

を楽しみましょう。

 

2015年4月29日 (水)

バイクに乗って餃子を食べに行こう

約半年の休眠期間を終了したQ車のSR400であるが、バッテリー

も新調したので今期初乗りとしましょう。畑のマルチ掛けに手間取

ったので出発は11時半。ちょっと遅すぎないか。行き先は何処でも

良かったのだが市街地は避けたい。冬季通行止めが解除された3

65号線方面としました。例年だと3月20日ぐらいに通行止めは解

除されるのだが今年は4月に入ってからの解除だった。それだけ雪

が多かったと言うことだね。さてこの365号線だが昨年11月に椿

坂トンネルが開通した。ここはくねくねした坂道が連続する運転し難

い道路だったのだが一挙に解決されたのである。

Photo
それはもう立派なトンネルです。入った途端に気温が10度は低い

のではないかと思うぐらい寒かったが、苦もなく通過することが出

来ます。したがって余呉までの区間は快走路が続くことになります

。バイク乗りには嬉しくてたまらん道でしょうな。木之本で四日市に

行くことに決定。餃子を食べたくなったのでね。四日市市久保田に

ある新味覚です。

002
これが一人前。この焼き加減が絶妙で家ではどうやってもこの焼

き加減は再現出来ない。

003
これは二皿目という印ですね。

004
これもこの店の特長ですね。油の中に入ったニンニク。醤油タレに

足して餃子を食べるとそれはもう口中にワンダーランドが出現しま

す。ラー油ではなくサラダ油を使っているらしいです。一気に四皿

を平らげました。普通の人は二皿でお終いらしいが、なあにたまに

来たのでね。美味かった。本日の走行距離390㎞。

2014年9月13日 (土)

熟年ライダー御岳への道

暑い日や雨の日が続いたため、バイクには全く乗っていなかった

のだがそうこうしている内に季節は秋に突入してしまった。このま

までは熟年道に邁進することにもなりかねないではないか!FT

R223を見てみる。キーを回してみてもライトがぼんやり付くだけ

でセルモーターは廻らない。まあ当然だわなー。この季節着るも

のに悩むことが多いのです。朝晩は冷えるものの日中は30度

近くにもなるのであまり厚手のものは止めておきたい。というこ

とで布製厚手ジャンパーを選択したのだが和泉村あたりで失敗

したことに気づくのです。革ジャンを着てくれば良かった。いつも

の通り高山から美女ロードを快走です。今日はやけにバイクが

多いのだがそれもハーレーが目立つ。アップハンドルで手を高

く上げて運転している人もいるのだが手は疲れないのかね。そ

してお椀型のヘルメットにサングラス。ベスト姿が多い。多分映

画イージーライダーの影響だと思うけど山の中はかなりの寒さ

だよ。同情します。

014
御岳濁河温泉に近づいてきました。このあたりの気温は9度!

003
左側を往くと温泉、そして御岳への登山道となります。

009
登山道入り口近くにあった滝。もちろん登山をする気は無いので

ここから引き返します。

021

028
途中新しい道も造られていました。

036
この道は岐阜県出身金メダリスト高橋尚子にちなんで「飛騨御嶽

尚子ボルダーロード」と名付けられているらしい。そういえば多く

のランニングしている人を見かけました。高地トレーニングとして

は良いと思うけど、坂はきついよ。

045
御岳からは乗鞍がよく見えます。乗鞍からも同じでしょうね。

帰り道、荘川のT字交差点でいきなり後ろに付いた白い車があ

る。暫く後ろを走っていたが直線道路であっという間に追い越し

ていった。福井ナンバーでボクスターとか書いてあったのでポ

ルシェだな。いかに高性能のスポーツカーであってもその前に

は車が走っているのでいずれ追いつくことになります。蛭ヶ野

の交差点で追い付いたので、スタートダッシュを確認してみる

ことにしました。時速100㎞ぐらいまでは付いていくことが出

来る。それ程すごい車ではなさそうです。白鳥の交差点では、

何台も前で停まっているボクスターを確認したが、私は旧道

に入りショートカットする。油坂峠道路で追い越されたが九頭

竜ダム横で工事用の信号待ちしている後ろに付く。そのまま

暫く走っていたが道の駅九頭竜に入っていった。「勝てないと

見て道を譲るとはなかなか殊勝な態度である。以後あまり飛

ばすことのないようにしなさい」ということにしておこう。

本日の走行距離 410㎞ 

 

2014年5月 8日 (木)

宝山荘ふたたび

後を引く店ってあるでしょう。印象が良かったとか確認できていな

い物があるとかね。4月に訪問した宝山荘は、蕎麦も良かったし

源泉掛け流しの風呂も良かった。しかし自慢の露天風呂を擁す

る家族風呂には入れなかったのだよね。いつまでもその思いを

引きずるわけにはいかない。ツーリングも兼ねて再訪です。小屋

から出してきたのはヤマハSR400。最近は主人に嫌われたのか

全く出番がなかったのだが、ようやく走ることになりました。

天気は良いのだが暑いくらいの服装で出発です。だって自宅が2

4度でも蛭ヶ野あたりでは12度とかいうことがあるからね。

平日なので道中は順調。約3時間で宝山荘に到着です。

002
お昼時には少々早いせいか客は私一人。鴨南蛮と山菜天麩羅

をいただきました。

005

007
相変わらずの細麺です。

008

010
これはワサビの葉ですね。

013

018
二枚目の麺。店の主人が持ってきたのですが、以外と若い人でし

た。

お腹もふくれたので家族風呂に移動しましょう。

019
なかなかおもしろいドアーの鍵です。外側にこれがあれば中には

誰もいないという仕掛けですね。

020

028

031
高い塀があるので見晴らしはよろしくないです。もっとも家族風呂

なので外から見えるのも都合が悪いでしょう。

洗い場はなく入浴のみの露天風呂です。広いので家族で利用す

るには十分満足できるでしょう。

本日の走行距離370キロ。

2014年1月 7日 (火)

オレ流高速道路の楽しみ方

1月には珍しい好天に恵まれたこの日、高速道路ツアーを

実施したのです。

先ずは北陸道福井インターから出発です。9時半ぐらいの

道路は平日にもかかわらず車の量が多い。トラックがビュン

ビュンと走っているのは、年明け用の荷物の輸送なのでし

ょうか。米原からは名神高速ですね。EXPASA多賀で

休息です。

010
前から気になっていた王将で昼食としましょう。先ずは餃子。

焼き方は申し分なし。

001

野菜ラーメンとミニ炒飯。セットです。

004

006
油が大量に浮いていて薄味ですね。福井の味とは少し

違う感じがします。草津からは新名神に入ります。トンネル

内の道路が広いね。これだけ広いと運転が楽です。亀山から東

名阪道。四日市からは伊勢湾岸道路に入ります。長島スパーラ

ンドの横を走る道だが、スチールドラゴンなどのジエットコースター

が見えます。一度足腰が立たなくなるほど乗ってみたいのだが、

年齢制限が有ったりします。もちろん無視しますけどね。

012
EXPASA御在所です。赤福を頂きましょう。

014
お店で食べるとまた格別の味がするから不思議。

019
刈谷ハイウェイオアシス。遊園地が併設されているのですね。

021
ここで見かけたサークルk。ちょっと見にはコンビニに見えません。

豊田からは東海環状線です。

027
美濃加茂ハイウェイオアシス。さすがにこのあたりに来ると駐車

の台数も少なく、店も閑散としています。

美濃関から東海北陸道ですが、荘川あたりの融雪剤散布の多

いこと。融雪剤が厚い層になっていて、一見、圧雪のように見え

ます。横を走るトレーラー車が急に進路を変更したので急ブレ

ーキをかけたのですが、スリップして横転するかと思った。

小矢部から北陸道に入って福井北インターで降りました。

走行距離約700キロ。 高速道路料金150円。

 

2013年5月15日 (水)

夢破れて てらおか風舎

能登半島の門前町にじんのびの湯という、いかした温泉があるらし

い。能登有料道路も無料化したし、天気も良いしということで行ってみ

ました。山側環状線から内灘で専用道路に入ります。のと里山海道と

名前を変えていましたが変な名前だな。西山ICから248号線に入り

す。門前町はまだまだ先。途中能登金剛とか巌門とかの景勝地も

るのですが、前に行ったことがあるので今回はパス。

美しい海岸線を走っていくとありました。

001

005

景色の良い高台にあります。

009

しかしこれは一体何なのでしょうか。

温泉の玄関に行くと、

012

なんとなんと本日は夕方5時からの営業とな。せっかくここまで190

㎞ノンストップで来たのだよ。神は我を見捨てたか。

仕方がないので引き返すことにします。もうこうなったらやけくそだ。

とんでもないことをしてやる。というわけでやって来ました。

てらおか風舎富来店です。ステーキなど肉料理で有名な店ですが、

金沢ではなくここが本店なのですね。

017

一階はステーキ。二階はしゃぶしゃぶ、焼き肉と区別しているようで

す。能登牛ステーキ、メンチカツ付を注文しました。メンチカツに少々

違和感を覚えたのですが、まあ旨ければいいか。

018

先ずはスープ。普通ですね。

019

生ハムサラダ。肉が凄く生々しているのですが、こんな感じのものは

初めてだな。

021

切ったステーキが4枚。柔らかいけど味はまずまずといったところ。

メンチカツは熱々で良い肉を使っているのでしょうか、美味しかったで

す。ソースも刺激が少ない良いもので、このへんはさすがです。

028

暑い日なのでアイスコーヒーも美味しいですね。

030

こちらの店員さんずいぶん話し好きで、掛けてある絵の説明をした

り、町の自慢をしたりで忙しそうです。感じの良い人なので別に悪

い気はしなかったですけど。

帰りは七尾経由です。

本日の走行距離 390㎞

2013年4月25日 (木)

白山スーパー林道を往く

往くといっても中宮の料金所まで行ってきただけなのですけどね。

本日冬期閉鎖していた白山市尾添から中宮料金所(白山市中宮)ま

の無料区間4.5kmが開通したのです。

019

道路沿いにはまだ雪の残っている所もありますが、走行には全く支障

がありません。開通初日だというのに好きな人はいるもので、どんど

ん車が上ってきます。

011

川に沿って道があります。

027_2_2

途中にあったダム。配管が長く伸びているものもあったので発電もし

ているようです。

031

 

029_4

ここが料金所です。

001_2

004

実にのどかな景色で、川の流れを見ていたら釣りをしたくなりました。

本日の走行距離125㎞。

 

 

 

2013年4月 5日 (金)

小浜への道は満開の下

桜の季節なのはいうまでもないこと。街道にはいたるところで桜の花

見ることが出来ました。この季節しか気が付かないことだけど、桜

の木っていたるところに有るのですね。道から丘から山までいろいろ

楽しませてくれます。敦賀から先は新しい道が続くのだが、旧道にあ

った千鳥苑はどうなったのでしょうか。小浜市内のドライブイン松風

も閉鎖されていて厳しい時代だね。さて行ったのは小浜の 食彩ごえ

ん です。

015

海沿いの道の傍に有ります。

014

12時半を過ぎていたのですが、店内には何人も待っている人がいま

す。人気店なのは間違いないようです。私は一人だったため空いてい

たカウンターに直ぐに通されました。ラッキー。

 

     006


造り定食1050円です。注文の後待つこともなく出てきます。作り置き

してあるみたいですね。

010

サワラとカンパチ、ほたて、えびなど。海鮮が自慢とされるだけあって

かなか美味しい魚が出てきます。

008_3

009_4

011_2


この焼き魚ですが、塩加減が絶妙で脂ものって美味しかった。身が小

さかったけどね。

012

お茶は急須で一人ごとに出されるので、ごくごく飲んでください。

ご飯の量はもう少し多いといいのだけれどね。

この後すぐ近くの小浜公園へ。桜が満開で大勢の人が楽しまれてい

ました。

022

帰りは敦賀から365号線経由で帰ってきました。

本日の走行距離 270㎞。




2013年3月 9日 (土)

季節に誘われて初ツーリング

杉花粉にPM2.5そして黄砂と3重苦に悩む福井県民だが、今日は

かいというより暑いではないか。寒いときには全く思い浮かばぬツ

ーリングだが今日は走ってみるか。

というわけで和田のユトリ珈琲にやって来ました。街道の温度計は

20度を越えていて、厚手のジャンパーでは少し暑いね。

007

土曜日ということもあるのだろうけど午後2時頃の店の駐車場はほぼ

満車の状態です。人気があるんだね。

002

いつものブレンドコーヒー。ミルクは要るかと聞かれるのだが別に聞

かずに出してくれても良いように思うけど。

 

004_2

注文してから出てくるまでかなり待たされました。多分抽出に時間が

かかったのだろうけど、出来たてのコーヒーなら全く問題なしです。

005_2

必需品はこれ。一人でカウンターに座るので、何もないと手持ちぶさ

たで困ります。適当に入力してるのでクラシック有り、ジャズ、歌謡曲

有りで何ともまとまりのない曲目が続くのですが。

006_2

週刊誌も必要ですね。グルメ記事を読むのも楽しいものです。

2012年10月 6日 (土)

松本で蕎麦を食べよう

前日から松本行きを計画していたのだが、当日の夜明け前にまさか

音がするではないか。あーあやっぱりなぁ。自慢できるほどの雨

男なで仕方がない。前日はバイクにワックスをかけたり、空気圧を

調整したり結構時間を消費したのに無駄だったか。諦めて7時頃起

きるとは止んでいる。曇り空であるがこれなら行けそうである。

路面は濡れいるのでこのままでは泥水がもろにバイクに掛かるの

である。出発は時過ぎとした。白鳥までの区間は道路工事が多く、

いたるところで停止用信号がある。これってバイク乗りには良いことも

あるのです。

のろのろ運転で嫌になっていても信号待ちで先頭に出られるからね。

車の運転手からは嫌われているのは知っているけど。

安房トンネルが便利で安全で速いのは理解するのだけれど、220cc

バイクに600円はちと高いのではないでしょうか。ぶつぶつ...。

松本インターを越えたところにあります。

001

くれきの。榑木とは材木の板の一種らしい。

ピーク時を過ぎていたためお客はまばらです。

003

鴨せいろ蕎麦を注文しました。

006_2

 

007_2


鴨肉の入った汁ですが、私の知っているものとは少し違います。

ネギは焼いたものではなくそのまま入れてあります。

肉は4枚。少ないと思います。細かい出汁粒状のものが浮いていま

す。

出てきた時から熱々の汁ではなく、さらに普通の椀なので食べている

途中で大分冷めてしまいました。これは残念。

008

特筆すべきはこの麺です。これで普通盛です。

きょうやの優に2倍は有ります。十分満足出来る量でした。

009

010_2

漬け物が付くのですね。味は普通でした。

011

主人が蕎麦を打ち始めました。地方発送もしているようです。

 

2012年9月19日 (水)

平湯温泉 神の湯



平湯温泉街を過ぎて、安房峠に進むと右側に看板があります。

001

神の湯。何とも畏れ多い名の温泉ですが、露天風呂です。

002_2

温泉に行くための専用道路らしい。ゲートは冬期間閉鎖用で、通常は

開いています。午後6時以降は管理人がいなくなるので入浴し放題と

か。ただし電気はつきません。

Hirayukaminoyu_approach1

こんな感じで駐車場から歩きます。

004

これが風呂の脱衣場です。

014_2


少数のロッカーは有りますが、ここでは籠を使用するのが普通でしょ

う。

006

如何にも秘湯という雰囲気が漂います。

008

お湯は2カ所から注がれています。

1カ所には木の筒のようなものから、かなり大量のお湯が注がれてい

て、打たせ湯も可能でしょう。

010

あくまでも露天風呂であって、温度調節などはされていません。

前回はお湯の温度が高すぎて困りましたが、今日の温度は許容範囲

です。雨の後のせいか、硫黄の臭いは薄く、またお湯の色も薄かった

です。前回はもっと白濁が強かったと思う。

011

一応シャンプー類も有るのですが、ここは入浴だけを楽しむことにし

た方が良さそうです。

風呂からの眺めは石のため半減しています。自然は十分楽しめます

が。男風呂の上側に女風呂があります。

本日の走行距離 345㎞

2012年8月27日 (月)

バーディ あざい

今年の夏、予想では平均的な暑さだったはずだが梅雨が明けてみると

とんでもない暑さが、連日、連日、そして連日続いているわけだ。何か変

な文章だがそれぐらい酷いと言うことだね。

おじさんライダーであったとしても、走るチャンスは連日有るわけだが約

2ヶ月もさぼってしまった。いかん、いかん、暑さのせいとはいえこれで

はますますおじさん道を突き進んでいるではないか。いや既におじさん

であるわけなんだけど。

そんなわけで今日も暑いけどバイクを引っ張り出したわけです。

行き先は滋賀県浅井町の「バーディあざい」

健康増進施設内にある入浴施設で、温泉ではありません。

365号線から山に向かってしばらく行ったところにあります。

国道からの案内看板などは皆無で、道はどんどん細くなるし、山の中に

向かっていくので心細い思いをします。途中牛乳配達の人に道順を聞

いたのですが、全く逆方向の道を教えられ大分時間ロスをしました。

聞くまでもなくそのまま進めば良かったのだけど。

009

山のトンネルを抜けたところに忽然とその姿を現します。

010


福井市の、健康の森のような施設があるわけですが、入浴施設はこ

こになります。

007

受付があるロビーにはお土産も置いてありますが、種類や量は少な

いです。

004


浴場内は新しくてきれいです。サウナはミストもあって2カ所。

ミストサウナは人気がないようで誰も入ってませんでした。城之崎温

泉の公衆浴場にこれと同じようなサウナがあった気がします。

006


左側が水風呂ですが、中の水流が速いので水温が随分低く感じま

す。

001

 

 

 002_3


入浴客はほとんどおじさんで、話の内容からも地元の人が多いようで

。そして全員が太った人ばかりでした。浅井町の人は裕福な人ば

かりなのかと勝手な想像をしたのですが。

風呂の後は食事処「八兆」で唐揚げ定食です。

お品書きは充実しています。サウナにうんと時間を掛けたので遅れた昼食

なりゆっくり出来ました。

本日の走行距離 235㎞

2012年7月 6日 (金)

養老温泉 ゆせんの里

SRのバルブ調整をした後は、状態を見るために走る必要がありま

す。午前中に調整は終わったので、その後温泉に行くことにしまし

た。岐阜県養老町にある温泉ですね。養老乃瀧のある養老公園も直

ぐ近くです。岐阜県は温泉の宝庫でもあるのですが、養老温泉は知ら

なかったです。どんな温泉でしょうか。

関ヶ原から56号線を桑名方面に進むと道沿いに突然出てきます。

039

本館と新館があって結構大きな施設ですね。

中に入ると今流行の地場野菜などが販売されています。

靴ロッカーの鍵を渡して荷物ロッカーの鍵を受け取り次に進むと

043

054_2

大型の椅子がずらりと並び、くつろいだ表情の男女がテレビを見た

り、寝ころんだり。ここは浴衣とタオルの貸し出しがあるのです。

044

タオルは2枚渡されます。

045

脱衣場は広くてロッカーも大きいのがあるのですが、受付で鍵を渡さ

れるのでそのままではロッカーを選べません。バイク乗りは結構荷物

が多くなるのでね。リキッドとかローション類は充実しています。

047_2

 

049_2

お湯の色は茶色で僅かに土の臭いがします。源泉掛け流しらしいが

露天風呂も含めてややぬるく感じました。

052

しかしここは桑名や四日市に近いせいか、平日なのに次々と入浴客

が訪れています。浴場も混雑とまではいかないが人の途切れはあ

りません。

温泉を楽しんだ後、浴衣のまま椅子で休んでいると、うーん気持ちい

い。テレビの音は椅子のボリュームで調整出来ます。背もたれも、う

んと倒すことが出来るし毛布の貸し出しもあります。これが人気の理

由だな。時間があればこのまま休んでいたいが残念、時間が来たの

帰らなければなりません。後ろ髪を引かれるというのはこういう事を

うのでしょうか。また来たいですが入浴料は1200円なのでもう来

る事はないかな。

本日の走行距離  280㎞

2012年6月29日 (金)

京丹後で蕎麦を頂く


今日も良い天気なのは予報で分かっている。

しかも広範囲で。関西も東海も甲信地方もだ。悩むなーと少し考えた

果、決定しました。蕎麦を食べに行こう。

舞鶴を越え、天橋立を越えると、山の麓に蕎麦処 歌仙があります。

目的地はここだね。昨日はSRだったので今日はFTRとしました。

021

小野小町公園内にあります。食事処はここだけ。しかし公園とはいう

ものの、メジャーではないらしく規模も小さいし訪れる人も僅かのよう

に感じました。

002

古い民家風です。あまから手帳の紹介では、茅葺きの店舗となって

いるがトタン葺きでした。改装したのでしょう。

004

他にテーブル席もあります。

006

ざる蕎麦の大盛りです。大盛りというものの量は少ないね。麺は細麺

です。松本の「野麦」に次ぐ細さと言って良いでしょう。

細麺大好きの私にとって文句のあるはずがありません。

自家製粉で蕎麦粉十割の表示有り。

薬味は山葵とネギ。汁はあまり濃くないのでどっぷり付ける必要があ

ります。汁の徳利が付いてくるのも分かりますね。

015

そば湯はねっとりと濃いです。

018

この後頂いた蕎麦おはぎ。

蕎麦掻きを、あんこで包んだものですね。蕎麦掻きが実にクリーミィで

軽い甘さのあんこと合ってこれはいけるね。

025

道沿いに天橋立の標識もあるのですが、特に寄る気もせず。

026

舞鶴では護衛艦の停泊しているのが見えましたが、平日なので道沿

いから見るだけです。

本日の走行距離 430㎞

2012年6月28日 (木)

牧歌の里温泉 牧歌

梅雨の晴れ間とは今日のような日をいうのだろうか。

梅雨前線は九州に大被害をもたらした後、関西付近に停滞している

というのに、今日の福井県地方は気持ちの良い晴れ日。気温も30

度以下とあっては家にいるのはもったいない。

そんなわけでSRで出撃することにしました。

昼過ぎに出たので、まずは白鳥のくらぶ亭でランチです。

006

エビフライと椎茸の肉詰めを揚げて中華風タレを掛けたもの。

ポテトサラダと他に竹の子の煮物。

椎茸の肉詰めは旨かったが、何かボリュームが無くなった感じがする

ね。御飯も少ないし。まあ日替わりなので当たりはずれは当然と勝手

に納得する。

007_3

蛭ヶ野高原を右に曲がりしばらく行くと牧歌の里に着きます。

花と緑のテーマパークとされていますが、今日の目的はその温泉施

設です。

023

温泉施設としては非常に大きいです。五月とか八月の大量入場者に

合わせて施設を作っているのだろうけど、この時間はほとんど私の貸

し切り状態でした。

008

012

塩素の臭いがきついが、まあこれは仕方ないでしょう。

020

露天風呂です。太陽の光が燦々と降り注ぐなか、ぬるめのお湯に浸

かっていると、郡上に来ているのを忘れてしまいそうになります。

ミントミストルームとかヒノキの香 森林浴バスとかもあるのですが、人

工的な臭いが鼻について楽しむ気がしません。

019

サウナの温度は温度計で80℃。ぬるいね。ヒーターの上に石があっ

てそれに水を掛ければ蒸気の力で熱く感じるのですが、それも一時

的なもの。80℃は低すぎます。

014

温度調節された水風呂に入りましょう。

私の場合汗が出過ぎるので、水風呂は必須です。

大型施設というのはどうも満足できないですね。

もっと居たいと思うのは、小型施設に多いように思います。

本日の走行距離  180㎞

2012年4月 3日 (火)

小浜までツーリング

HONDAのFTRなんだけど排気量は223cc、重量128kgの小型で

る。このバイクの良いところは軽くて、手軽で割と戦闘力のあるとこ

ろ。燃費も、ゆっくり走れば40km/Lも可能だ。エンジンは一発始動

し、クラッチは本当に軽い。これ重要ですね。

難点は燃料タンクが小さい。150kmも走れば燃料補給の必要があ

るし、シートが小さいので尻が痛くなる。トラッカータイプなのでシート

位置が高い。これ若いときなら苦にはならないのだろうが、おじさんと

なった今は高すぎるなー。立ちコケしたこと有るし。

 

以上を念頭におきつつ小浜に出発する。

 

小浜市市内の喫茶店メルカードです。UCCの専門店らしい。

001

004

食事も出来ます。

005

008

コーヒーはサイホンで一杯ずつ抽出して出されるようです。店内はコ

 ーヒーの良い香りが漂っています。

006_2

トーストセットを頂きました。

ここは2回目なのですが前回見たときよりトーストが小さくなったよう

な気が。

マーマレードも付きます。

011

本日の走行距離260km

2012年3月24日 (土)

初ツーリングは長浜へ

寒い、寒い毎日だね。彼岸の中日を過ぎたというのに、空はどんより

曇り、冷たい風が肌を刺激する。三寒四温とはいったい何時ことを

言うのだろう。車庫にあるバイクを眺めては気を揉んでいたのだが、

ついに出撃する日が来たのである。天気予報では北陸、東海地方全

域で曇りしい。雨の確率は高いところで20%。行かなくてはなりま

せん。さて、本日選択した車両はSR400。実はこのバイク、去年遅く

に購入したもののあまり乗っていないのですね。オフシーズン近くだっ

たことも有るが、何よりそのエンジンの気難しさに手を焼いたというの

が正しい。

今日の出撃では優しい顔を見せてくれるかどうか。おい頼むよ。

 

先ずは空気圧をチェック。150kpaに設定する。ついでチェーンにス

プレーして余分な油をタオルで拭き取る。

服装は下着の上にヒートテック上下。ハイネックのシャツにダウンの

ベスト。革ズボン、革ジャンに冬用オーバーズボンである。手袋は薄

手の物を着けて二重とした。

寒さ対策とはいえ、これだけ着込むと体の動きが悪い。靴を履くにも

体の曲がりが鈍く苦労する。

 

花山峠はなんと表示が2℃だよ。こんな日に走る奴はホントに物好

だな。シールドの曇りと鼻の、冷気による痛さをこらえつつ8号線を

む。目的地は温暖が予想される長浜とした。

木之本の手前では右手に琵琶湖を見ながら進むのだが、この地域に

来ると急に冷気を感じる。どうも湖の気化熱が周囲の熱を奪っている

らしい。夏にはそれ程涼しいとも感じないのだけれど。

長浜に入ってカッパ寿司で昼食。茶碗蒸しも注文して豪華な寿司ラン

チとなったが1500円ほどだった。

回転寿司の後は直ぐ近くのコメダコーヒー店に直行した。

008

005

ここは一年ほど前開店したところなのだが、バイクの停めるのを見て

いた店員から話しかけられたことがあります。親からもらった400を

乗っていると言う女の子は、走るのが好きで堪らないらしい。

一人でどこへでも行くのだと言っていました。

002_2

いつものやつですね。

007

塩津のあたりからヘルメットのシールドにバシバシ雨粒が当たり出し

たが,敦賀ではまさかの完全な雨だよ。くそー天気予報はどうなって

いる。海岸線のこの暗さはいったいなんなんだよー。

泣いても仕方がない。武生コメリでカッパを買ったものの、靴下まで濡

れて帰ってきました。

本日の走行距離  250km

2011年11月 4日 (金)

ヤマハSR400

ヤマハのバイクを手に入れました。

約30年前のSR400です。

001

30年ほど前にバイクに乗っていた人はあーあれかと頷くはず。

当時でもマニアに評判のバイクでした。

003

   

デザインは今でも悪くないですね。

単気筒400ccです。

このエンジンの特徴は、キックによる始動ということですが、シリンダ

ーを見ると

005

  

上部に覗き窓が有り、動いているのが分かります。

ピストンの上下位置を見ているのです。

011

ハンドルの一番下にあるレバーが、デコンプレバーです。

つまりこれで圧縮を抜いてピストンを一番上の位置に持っていき、そ

して

008

    

キックするとエンジンが始動するというわけです。

あー面倒くさい。終戦後のオート三輪車エンジンみたいです。

エンストしたり、給油後の始動は困難を極めます。

道路の片隅にバイクを移動するのは必定です。

何故こんなものに乗るかですか。

乗ってみたいからです。

 

 

2011年10月28日 (金)

油坂峠の紅葉

007

奥越は紅葉の名勝と言うけれども、どうもいまひとつの感が有りま

す。時期が早すぎるとか、天候の性ではなく紅葉スポットとしてはあま

り適していないのではないかな。高度とか周囲の温度差とかが関係

するらしいが、岐阜とか長野の紅葉から見ると差を感じます。

そこで私の好きな紅葉スポット、岐阜は荘川の紅葉を見に行くことに

のです。ここは高速走行コースでも有るし道沿いの景色が素晴ら

いのです。

005

 

油阪峠のトンネル側を走るつもりが、山々が色づいているので旧道を

走ることにしました。昔はここをバスやトラックが走っていました。今で

も時折見かけますが。

004

午後3時頃。晩秋といったところでしょうか。

 

                    002

 

 010_2

 

015

油坂峠を下りるとそこは白鳥。もう荘川まで行く気はなくなり、道の駅

で一休みです。

 

024_2

 

 018_3

 

 

道の駅の裏手には長良川。実にのどかです。

フォトアルバム