« 2013年2月 | メイン | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

残念だよ、ジャルダン ポール・ボキューズ 

金沢市広坂の兼六園近くに、しいのき迎賓館が有ります。元は石川

庁だったらしいのですが、現在は多目的施設となっています。

その中にあるレストランですが、その名も、ジャルダン ポール・ボキ

ズ。ポール・ボキューズといえばフランスでは三つ星レストランと

して名ですが、畏れ多くもその名を冠したレストランならば素晴らし

いもの違いないということでやって来ました。

002

古い建物ですが重厚さを感じさせます。

003

あーまたしてもこのような看板が。隣の人はひらまつレストランチェー

 ンを展開する人。つまりこのレストランはひらまつグループが経営し

いるらしいが、ひらまつといえば前長野県知事の田中康夫氏が酷

していたのを思い出します。もうこの時点で何か悪い予感が。

006

ランチは北側の通路のような処で供されます。見晴らしは良いのです

 が、場所的に狭く給仕の人が何度も通るので落ち着かない状態で

 す。

004

本日の食事は、魚と肉料理の付いた5250円のもの。サービス料

 10%は別です。

010_2

グリーンピースのソルベ。

011_2

012_3

このバターは美味しかったです。雪印のバターとは大分違う感じ。

013_2

フォワグラのムース。見ている間に溶け出してしまいました。初めは

 形が整っていたのですが。

015

鱈のムニエル。この鱈がそれ程新鮮とも思えなくてね。

017

鴨肉のパイ包み焼きです。中を開けると、

019_2

ミンチ風の肉が出てきます。見た目通り量は少ないです。

 この頃パンのお代わりが出ますが、パンは既に無くなっているので、

 もっと早く出して欲しい。

021_2

デザートですがこれはまあ普通。このように甘いものを食べた後は、

 苦いコーヒーがベストマッチするわけですが、この後コーヒーが到着

 するまで15分程かかりました。これってアイスも有るのだしそんなに

 ゆっくり頂くものなの。他のグループのを見ていても出てくるのが遅

ようで、しかたなく水で時間を凌いでいるようでした。

023

カップが小さい割には砂糖が大量に付きます。こんなにいるわけがな

 いでしょう。

024_2

全く期待はずれでした。名前が名前だけに料理に金を掛けられない

 のは分かるが、しかしここのは量も少なく、素材も大した物ではない

ので材料費は2割もいっていないでしょう。サービス も慇懃さは十分

感じたものの、料理の出てくるのが異常に遅くイララします。ラン

チはメニューが決まったものしか出ないのだからもっ早く出せるは

ず。客の状況を判断するのもサービスだと思うのですが。ワインを注

文している方も何人かいましたが、満足出来たのでしょうかね。料理

も名前だけは大層なものの、美味しいと感じたものは無く全く印象に

残っていません。普段気に入らない店はあまり載せていないのです

が、ここに至って堪忍袋の緒も切れました。 

行ってはいけない店に認定します。

2013年3月26日 (火)

タラバ蟹を食す

ずわい蟹のシーズンはとっくに終わり、水ガニも20日で終わったよう

で、カニ大好き人間としては、少々寂しさを感じていたわけです。

近江市場を歩いてみると、ずわいや毛蟹の他にタラバも並んでいま

す。タラバ蟹というと、よく見るのは脚を冷凍したものですが、さすがこ

らは市場で、丸ごと茹でたものが出ていました。しかもメスで内子も

外子もたっぷり。価格は2500円ぐらいからですが、これが思いの外

大きいしずっしりと重いのです。

027

日本でのメスタラバは漁獲が禁止されているらしいので、これは多分

シア産でしょう。

029_2

内子と外子ですがせいこ蟹のように、ちまちました感じはなく豪快に

食べることが出来ます。ただしやや大味で特に外子はそれほど旨い

とは思わないですね。

031


価格からいってもそれ程期待していなかった脚ですが、十分な実入り

でした。特に脚の付け根の部分は、肉も大きいし甘みもあって旨いで

すね。太いところをバターで焼いてみたのですがこれもいけます。

十分な食べ出があって、これは良い買い物でした。

2013年3月25日 (月)

カルビ大将でランチ

新保にあるYプラザ近くのカルビ大将ですが、ランチもやっているらしい。

お肉を食べて元気をつけようとやって来ました。

見た目は実に派手な建物の焼き肉屋ですが、うんと以前に一度ぐらいしか入っ

た記憶がありません。入店は下駄箱に靴を入れるのですが少々面倒くささを感

じますね。

003

お値打ちランチとされるメニューは、ヤングカルビ。つまりバラ肉の薄いものと、

サラダ、ご飯、みそ汁です。

100円の追加でみそ汁からカルビスープに、また肉が2人前になるのでそれも

注文。合計1000円ですね。ご飯のお代わりは自由です。

004_2

こんなメニューも有ります。

002_2

初めにサラダが来ます。しかしメニューの写真と大分違うような気が。

まあこれは口当たりがさっぱりとして良かったのですが。

007

薄切りなので直ぐに焼けてしまいます。細心の注意が必要です。

006_2

男には量が少ないのでお代わりが必要と思われます。

008

カルビの入った玉子スープといった状況ですが、かなり辛みがあってその

まま飲んでいると喉がヒリヒリします。

005

肉につけるタレは甘くてかなり辛口です。厚切り肉に合わせてあるのだろうけ

ど、この肉にはほんの少々付けるぐらいが良いでしょう。

肉とご飯量のバランスを調整しながら頂けば、お腹が一杯になり満足しました。

ドリンクバーが付いているのですが、今回はパス。だって焼き肉屋で一人いる

のは落ち着かないです。

2013年3月22日 (金)

スシロー ふたたび

前回訪問の、本鮪中トロキャンペーンでは少々残念な結果に終わっ

わけですが、今回は本鮪大トロキャンペーンにやって来たわけで

す。

002


のぼりが派手ですね。「本まぐろ一本祭」か。横の105円の看板が

かせます。

何しろマグロといえば寿司ネタの高級品であり、さらに大トロともな

れば超高級品であるわけですが、これを一貫とはいえ105円で提供

しようとするあきんどスシロー。一体どのような秘術、秘策を持ってい

るのでしょうか。行ってみましょう。

003

今回も4皿同時に注文。こう見ると中トロよりは明らかに脂がのってい

るように見えます。

004_2

おー。これはまずまずでないですか。口の中で脂を十分に感じること

が出来ます。切り方は不揃いで口に入れにくいのも有ったけど、脂の

旨みはトロを感じる事が出来ます。中トロにちかい感じですね。

005_2

ブリの大トロということですが、今日のは脂が少ないです。

006

赤海老です。

007_2

008_2

 

008_3

カニ身ですがこちらのはマヨネーズが載っています。

009_3

012_6

010_2

 

010_3

結局頂いたのは大トロが10皿。上の画像のようにネタは形がバラバ

ラですが、何しろ105円ですからね。中トロより十分満足できると思い

ます。ホームページではこの後も大トロキャンペーンを繰り返すとの

予告が出ているので、日時を確認してどうぞ。

2013年3月18日 (月)

朋あり遠方より来る、また楽しからずや

大阪に住んでいる友人が実家に帰ってきたので会うことにしました。

高校の同級生ですが、会うのは10年ぶりぐらい。それでも昔と少しも

わらずうち解けあえるのは実に不思議な気がします。

さて、二人で昼間からお酒を飲もうとやって来たのはいつものここ。割

烹 杉です。

001

先ずは突き出し。ホタルイカと青菜の煮物。ホタルイカが春を感じさせ

ます。

002

牛のたたき。これはビールに合うのでお勧めです。

この後何か酒飲み用のセットを頼みました。

003_2


まずはお刺身ですね。烏賊は仕事がしてあります。

004

カレイの唐揚げ。骨もばりばりといただけます。

005_2

はたはたの焼き物。はたはたって今や高級魚並らしい。さっぱり味で

気が付いたら全部食べていたという魚ですね。

話は弾むし、肴も旨いので酒も進みます。こちらもお勧めのお店で

す。

2013年3月13日 (水)

あきんどスシローに行ってみる

若杉に1月の終わり頃開店したらしい。今までスシローは金沢か、長

面に行くしかなかったのだが、これで気楽に味わうことが出来る

ようにったわけです。開店と同時に入店したのですが、次々と席が

埋まり、れはかなりの人気店といえます。なんでも100円寿司の売

り上げでカッパ寿司を抜いて業界一位らしいのだが、その人気を見

てみましょう。

009

スシロー本日のキャンペーンは、本鮪中とろの提供でございます。

004

面倒くさいので4皿同時に注文。

005

105円ならばこれぐらいというところ。もう少し脂があると良いのです

が。

002

ブリトロですがこれは良く脂がのって美味しいです。

003

006

007

紅ではなくズワイガニのようです。

008

真鯛ですが、これが一番美味しかった。こりこりとした歯ごたえもあっ

て、105円でこんなに旨いものが食べられるのは驚きです。

011

 

012_4

014

開店して日が浅いせいでしょうか。100円寿司にしてはネタが新しい

ように感じます。以前の私の評価でも100円寿司系では一番になっ

ているので状況は変わっていないようです。

山葵のパックは小さいけど味は良いし、やっぱり100円寿司ではこち

らがお勧めです。



2013年3月 9日 (土)

季節に誘われて初ツーリング

杉花粉にPM2.5そして黄砂と3重苦に悩む福井県民だが、今日は

かいというより暑いではないか。寒いときには全く思い浮かばぬツ

ーリングだが今日は走ってみるか。

というわけで和田のユトリ珈琲にやって来ました。街道の温度計は

20度を越えていて、厚手のジャンパーでは少し暑いね。

007

土曜日ということもあるのだろうけど午後2時頃の店の駐車場はほぼ

満車の状態です。人気があるんだね。

002

いつものブレンドコーヒー。ミルクは要るかと聞かれるのだが別に聞

かずに出してくれても良いように思うけど。

 

004_2

注文してから出てくるまでかなり待たされました。多分抽出に時間が

かかったのだろうけど、出来たてのコーヒーなら全く問題なしです。

005_2

必需品はこれ。一人でカウンターに座るので、何もないと手持ちぶさ

たで困ります。適当に入力してるのでクラシック有り、ジャズ、歌謡曲

有りで何ともまとまりのない曲目が続くのですが。

006_2

週刊誌も必要ですね。グルメ記事を読むのも楽しいものです。

2013年3月 6日 (水)

かんきちでランチ

下馬にある居酒屋さんですが一日限定10食というランチをやってい

らしい。早速行ってみます。

001


6人ほどが座れる座敷部屋がずらりと並びます。テーブルの下は掘り

燵風でこれは楽ですね。

002

反対側には窓風の物があるので、圧迫感もありません。

ランチは1000円ですが、早く来ないと売り切れになるらしい。

11時の開店と同時に入店しましたが、この後女性グループがどんど

ん入ってきたようです。

004

これですね。何か1000円とは思えないぐらい豪華ですね。

005_2

ブリ切り身の厚いこと。居酒屋の切り方ですが、ここは居酒屋なので

当然か。美味しい山葵でした。

006_2

 

 007_3

天麩羅の種類は少ないものの大きい海老が揚がっています。

009_2

 

 010_4

赤味噌のあら汁。赤味噌仕立ては珍しいかな。

1000円のランチとしては十分満足のいく物でした。

この後100円のコーヒーも頂いたのですがこれは値段相応ですね。

2013年3月 3日 (日)

ローストビーフを作ってみる

某グルメブログにローストビーフの作りかたが出ていた。

肉は若狭牛のイチボを使用したとかで、もの凄く美味しそうに見える

です。オーブンを使わず炊飯器を使うらしい。これなら私にも出来

そうなので早速作ってみましょう。

003

外国産のもも肉です。これに塩、コショウします。塩は少々強めの方

が良いみたいですね。

004_2

ニンニクを入れた油で全面を焼きます。その後、糸で縛って形を整え

す。これ順番が逆かも知れない。

冷めたらフリーザー用のパックに入れて、水を入れたボールを利用し

てパックの空気を抜きます。熱を伝えるためにはしっかり空気を抜い

た方が良いのだが、この方法では少し空気が残ります。もっと薄いパ

ックの方が良いのかも。

008


これを70℃ぐらいのお湯に浸けておくのだが、ここで炊飯器が登場。

釜にお湯を入れ保温にします。70℃かどうかは分からないのです

が、この状態で40分ほど放置すると。

009

014_2

何かひどくレァーぽいのですが、これで良いのかな。

味はまずまずといったところ。私にはこれで十分ですが、気になる人

は保温時間を長くした方が良いかも知れません。

スーパーで買うローストビーフより、はるかに美味しいことは保証しま

す。

フォトアルバム