« 餃子の新味覚 | メイン | かつ時で日替わりランチ »

2016年1月16日 (土)

プラハ交響楽団演奏会

P1165400

ハーモニーホールで行われたコンサートですが、当ホールとしては

年初めての演奏会らしい。ステージの前に飾られた花鉢50個分

を抽選でプレゼントするという。もちろん抽選には外れたわけだが、

来年もやるので楽しみにしてくださいということです。それとプログ

ラムの終わりに1000円分のチケット割引券が付いていました。ホ

ールからのお年玉とされているがなかなか粋なことをするね。

P1165403

席はバックシートで3000円です。

P1165408

プラハ交響楽団はチェコを本拠とする楽団らしい。

Inkinenfok9z2a5244_fotojankolman_2

指揮者のピェタリ・インキネン氏。ヴァイオリニストでもあるらしい

です。1曲目はスメタナのモルダウ。わが祖国の一部だがチェコ

の楽団だからね。2曲目はチャイコフスキーのピアノ協奏曲1番。

ピアノ演奏者は中村紘子氏だったのだが体調不良のためチョ・ソ

ンジン氏に変更になった。中村紘子氏推薦となっているがそれも

そのはず昨年のショパンコンクール第一位者であって、コンクー

ル審査員でもあったことのある中村氏なら推薦も当然でしょう。N

HKで放映された「もう一つのショパンコンクール」とかいう番組に

よると彼の演奏は前評判が上々でダントツの1位だったらしい。

Yjimageybgxiw0r

放映によるとコンクールで使うピアノにおいてもし烈な戦いが展

されるという。ピアノは、スタインウェイ、ヤマハ、カワイ、ファ

ィオリの4社のものが提供され、演奏者は好きなピアノを選ぶの

だが、第一位がどのピアノを選ぶかでピアノの売り上げに大きな

響が及ぶといいます。調律には日本人が活躍しているらしいが

、調律の仕方によっても弾き味に差が出るらしいです。予選では

ヤマハやカワイを選ぶ演奏者が多かったが、本選ではスタインウ

ェイをほとんど選ぶことになった。チョ・ソンジン氏もスタインウェイ

でしたね。3曲目はドボルザークの新世界から。一つ一つの音が

形を作ってくっきりと出てくる。演奏に全く不安は感じません。一流

の楽団だから不安など感じるはずもないのだが、そうでもない楽団

もあるのでね。インキネン氏は9月から日本フィルハーモニー交響

楽団の首席指揮者に就任するらしいです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/529037/33714627

プラハ交響楽団演奏会を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム