« これっておかしいよ秘密のケンミンショー | メイン | 8番ラーメンの酸辣湯麺を検査する »

2016年2月29日 (月)

日本センチュリー交響楽団福井特別演奏会

何処が特別なのかは分からないのだがハーモニーホールでの演奏

会です。

009

007
席はB席の2階。ステージからは遠いのでハーモニーを楽しむこ

とにしましょう。

4
日本センチュリー交響楽団は大阪を拠点とする楽団だが、福井に

近いせいかハーモニーホールには度々訪れている。多分楽団と

しては一番多く演奏しているとのではないかな。

1
指揮は飯森範親氏。

130321_7_hotta_l
ヴィオリンは郷古廉氏。背が高くて細身の美男子であって、鼻

の下には短めの髭をたくわえていた。ステージに登場すると、

さあ、いまから演奏するから良く聴けよとばかりの態度であって

演奏家としてはこれが大変よろしい。ヴィオリン協奏曲を弾くの

だから自分は特別の演奏家だという自信が無くてはね。

3
パイプオルガン奏者山本真希氏。新潟市民芸術文化会館専属オ

ルガニストらしい。

6_2
コンサートマスターは荒井英冶氏。氏は東京フィルハーモニー交

響楽団のコンサートマスターだったはずだがと思っていたら、日本

センチュリー交響楽団には客演コンサートマスターとして登場して

いるらしい。

曲目は先ずハイドンの交響曲18番。ハイドンってまず聴く機会が

無いわけだが、こちらの楽団はハイドンの全ての交響曲を演奏し

ようという「ハイドン・マラソン」なる活動をしているらしい。優雅で

美しい旋律の曲でした。メンデルスゾーンヴィオリン協奏曲ホ短調

。サン=サーンス交響曲弟3番オルガン付き。パイプオルガンの奏

者の前には指揮者が写った画像が用意され状況が分かるようにな

っている。なるほどオルガンは遠くて高いところにあるからね。金管

のきらきら光るような音が印象的でした。郷古廉氏のアンコール演

奏はあったのだが、楽団のは無く終了です。時間的都合だと思うけ

どこれは少し残念です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/529037/33754301

日本センチュリー交響楽団福井特別演奏会を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム