« 2016年12月 | メイン | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月30日 (月)

海鮮アトム和田店で寿司をつまむ

和田店は久々の訪問です。開店直後だったからでしょうかレーン

には何も乗ってなくお好みでの注文となりました。

001
なぜかこの店での中トロは美味かった記憶がある。今回は普通。

002
こちらはわさびが廻っていないようでこれは頼まないといけません

003
目の前に立つ握り手は女性であってベテランの雰囲気があります

。暫くしたら続々とお客が座り始めた。手に薄い冊子のようなのを

持って「ランパス」と言っている。ランチパスポートのことだな。アト

ムもランパスをやっているのか、知らなかった。ランパスのセットは

、いなりの付いているのが少し違うようです。握り手の女性も急に

忙しく手を動かし始めたのだが、目の前にいなりが積んであったの

はこのせいだな。

004

005

006

007
甘海老も良いのだが赤海老も美味い。

008
甘みが口中に広がります。

010
最後は白菜でさっぱりとしましょう。程良い塩味で白菜の甘みを

引き出しています。いゃー美味かった。御馳走様。

2017年1月29日 (日)

初体験のしゃぶしゃぶ食べ放題

033
しゃぶしゃぶ亭 濱ふうふう新保店でランチをいただきました。

016
先ずは4種ある出汁から2種類を選びます。和風出汁と昆布だし

を選択したが同じような味なので一種類は他のを選ぶのが良さ

そうです。コンロはIHなのだが火力というか熱量が小さいので辛

抱強く熱くなるのを待つ必要があります。

017
最初に4種の肉が運ばれてきます。牛と豚2種、そして鶏肉。

019

020
野菜も来ました。一気に鍋に放り込みましょう。

022
最初の肉はすぐに無くなるので追加です。牛しゃぶ×4ですね。

023
灰汁はかなり出るのですくっていたものの、途中から面倒くさくな

るのでもうええわ。

025
肉は薄く切ってあるものの牛は固さが気になりだしたので豚ロー

スにします。

026
野菜も追加。

027
ちょっと甘みが強いがなかなか美味い。最後は出し汁に入れて

別味を楽しむのも良いでしよう。

031
後の方のは切り方が大分アバウトな感じ。

032
1時間を過ぎる頃店員が残り注文の確認に来ます。タッチパネル

での注文は以後出来なくなるらしい。もっともこの時点で満腹な

ので問題ありません。値段相応だと思うのだが肉はもう少し良い

のが出るといいね。御馳走様。 

2017年1月28日 (土)

スシロー 生本ずわい蟹まとめ食い

Photo
スシローのキャンペーンですがこれは行かなくてはなりません。

001

004
ですが少々残念な結果だったので他のネタをいただくことにしまし

ょう。

005
鴨らしい。

006

008

009
あんキモですが細かく刻んであって他店とは違うつくりです。

010
食べ応えがあって美味い。私のお薦めです。

011

012

014
ちょっと分かり難いがカジキのとろとされるもの。脂があってこれ

も美味い。お奨めします。カジキはマグロとは全く別種だそうです。

015
最後はサーモン炙りで締めましょう。別にこれでなくても良いのだ

が腹一杯になってしまったのでね。ところでスシローの寿司飯っ

て甘みが強いと思うのだが、この方が子供受けするからなのかも

知れない。御馳走様。

2017年1月25日 (水)

ミスタードーナツでまったりと過ごす

大野が誇る唯一のショッピングモール、Vioのミスドでコーヒータイ

ムです。

008
お代わり自由なのは実に有り難い。

006
柔らかなドーナツできなこがついています。このきなこ、実はぱら

ぱらと落ちやすくて食べ難いのなんの。堅いのにすれば良かった。

001

004
図書館で借りてきた本など読んで至福の一時を過ごそうと計った

わけだが、どうにも椅子の具合が悪い。よく見ると大昔、小中学

校で使用した椅子に色を塗ったような物だな。椅子が堅すぎて落

ち着かないのです。この時期にしては暖房も効いていないようで

まったりするには難しかったです。残念。

2017年1月24日 (火)

かつ時で黒豚ロースカツ定食

011
とんかつにこだわりがあるかつ時です。

010
黒の匠と称する、まさにこだわりのある肉を使用しているらしい。

009
いつものこれですね。擂っているとフワーと胡麻の香りが立ち上り

期待が高まります。

013
これが黒豚ロースカツ定食です。左上にはゆずポン酢入りダイコ

ンおろしが添えられています。

014
適度の噛み応えがあって旨味が口中に溢れてくる。確かに美味

いのだがすぐに無くなってしまった。120グラムらしいのだが、15

0グラムは欲しいところ。

015
初めはこのアサリの方を頼んだのだが追加の海苔の方も美味か

ったです。

016

018
カツの量に比べて十分すぎるほど量のあるおろしソース。美味い

ので御飯にも掛けました。もっとカツを大きくしてくれると嬉しいの

だが価格的に難しいのかも知れない。ともあれ御馳走様。

2017年1月19日 (木)

大相撲観戦のお土産

大相撲はかなりの人気らしい。国技館での初場所を観戦してきた

知人からお土産をいただきました。事前にひいき力士のことを聞

かれたので稀勢の里と答えておいたのです。

Photo
国技館のロゴがある袋をいただきました。

006
おそるおそる袋を開けると。

008
特製、稀勢の里ボールペン。

009
なるほどこれはすばらしい。ボールペンはインクの出も良く書きや

すい物でした。

2017年1月10日 (火)

ステーキ宮で日替わりランチ

010
大和田店です。

002
先ずはランチに付いているスープから。カップが小さいので一度

に2カップとしました。なに、隣の方は3カップ使用していていまし

たから。

003
日替わりランチのみでは寂しい気がして追加のミニサラダです。

選ぶソースの中にわさびソースというのがあって、これが実に美

味かった。わさびは使い方次第で魔法の調味料になりますね。

005
こちらの御飯は美味いです。定食で御飯が美味いのは大事な条

件ですよね。

008
メインのプレートが来ました。ハンバーグ、チキンのソテー、フライ

ドチキン、ポテトなど。ハンバーグは普通。チキンは柔らかくて旨

味も十分でした。宮ソースも御飯もお代わり出来るのだが、面倒

くさいのでもう少し量を多くしてあると良いのだが。この量は少々

少ないように思うのです。ともあれ美味しくいただきました。御馳

走様。 

2017年1月 5日 (木)

PCオーデ ィオの続き

年末から正月に掛けてコルグのDACを使用してきたわけだが使

い方が少しずつ分かってきました。買っておいて使い方が分って

いなかったとは、甚だ無責任ではあるのだが事実なので仕方が

ない。

Photo
これなんですね。別にコルグの回し者ではないのだがPR画像を

出しておきます。特長はDSDネイティブ再生が出来ること。ネイテ

ィブとは聞き慣れない言葉だがこの場合、そのままというような意

味らしいです。PCに取り込んだDSDデーターの直接再生が出来

るということですね。CDの規格はサンプリング周波数が44.1K

Hz 16bitだが周波数特性は上限が約20Hz。音の大小は

16ビットで表現できる数で決まっている。一方SDは1ビットの

サンプリングでパルス幅の粗密だけで表現するめ周波数を高めれば

20KHzなど全く問題なく再生でき、これがーパーオーディオと

言われるわけですね。

005
これはコルグのオーディオゲートというコントロール画面なのだが

tunesから取り込みが出来無かったのです。なんのことはな

れはソフトのせいでした。使用しているパソコンのOSはWindo

ws10なのだがMacのソフトであるQuickTimeが入って

いないと取り込めないのですね。Appleロスレスでリッピングし

ている方は要注意です。

008
先ずはCD標準再生から。全く違和感なくCD再生と同様に聞こえ

る。どんどん周波数は上げていけるのだが私の耳では差が感じら

れなかった。一方CDのPCM音源をDSDに変換して再生する機

能が有ります。それを試すと高域が持ち上がり低域は薄くなった

ような印象でこれは良いとは思えなかった。

012
USBに接続するだけで電源は必要無いのだが、そのせいかパソ

コンの電池が早く減ります。約半分の容量になるのでAC入力は

常時必要でしょう。

014
パソコンはいずれもレノボの最安品で3万円もしないもの。最安品

という言葉に弱く、何か得をしたような気持ちになって購入していま

す。元プログラマーの友人からは、使い物にならんと言われるのだ

確かに画面の動きがぎこちないし、曲の間にブッという音が入っ

りする。どうもCPUの能力が低すぎるようです。特にDSD再生

はCDに戻そうとすると全く動かなくなるときが有ります。再生そ

ものは問題ないのですけどね。CD整理の煩わしさから逃れた

と思ったのだがそれはまだまだ先の状態です。

フォトアルバム