« 記念艦三笠を見学する | メイン | 上野で東横インに泊まる »

2017年3月20日 (月)

浅草寺、駒形どぜう、並木藪蕎麦

158
上野にやって来ましたよ。上野といえばやっぱり浅草寺に行って

おかなければね。

160_2
夕方だというのに凄い人出です。さらに中華系言語が飛び交い自

撮り棒を持った若者がこれでもかというぐらいいます。

163
なんでも有りの通りですが人形焼きの店が多いようにおもう。

165_2

169
頭に煙を掛けると良いらしいのだが何故かは不明です。

172
東京都内では最古の寺らしいですね。

179_2
さてこちらは駒形どぜう本店です。どぜう鍋で有名であるが上野

に来たら一度は行ってみたいと思っていました。

182
どぜう定食を注文します。4350円!

183
すぐにネギが運ばれてきます。

185
どぜうは既に柔らかく煮てあります。その上にネギを大量に載せ、

ネギがしんなりしたら食べ頃との説明があります。

186
鍋にはやっぱり日本酒でしょう。

188
定食なので田楽も付きます。味は普通でした。

192
こんな風にネギと一緒に食べるのですが、どぜうは柔らかいし全

く臭みなど無く食べることが出来ます。勿体ないので少しずつ食

べましたけどね。

195
コンロの火が強く暑くて汗が出てくる。ビールもいただきました。

196
柳川鍋が来ました。周りを見るとこの柳川鍋でちびりちびりやって

いる人が多いように見えます。通の人達なんだろうね。

197

199

200
御飯に付いてきた、どぜうが入ったみそ汁です。ねっとりしている

ようなので味噌の種類を聞いてみたところ普通の味噌とのこと。

煮込むとこんな風になるのかも知れない。

178
同じ通りにある並木藪蕎麦です。故杉浦日向子著の「ソバ屋で憩

う」では最初に紹介されている店でこちらも確認しておきたい。

206
おかめを注文しました。もちろんどんなものか知らないわけだが、

蒲鉾が入ったものでした。麺は細麺。機械打ちですね。汁は関東

風のやや強さを感じるもの。正直蕎麦は福井の方が美味いと思

うのだが、日向子氏もいっているように何でもない蕎麦屋である

といえます。

209
一人客にはさりげなく新聞が置かれます。しかし私にはそれが

無かったんですよね。奥の方に勘定を専門にするおばちゃんが

います。やっぱりここは老舗なのですね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/529037/34049369

浅草寺、駒形どぜう、並木藪蕎麦を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム