« そば玄 藪椿でざるそばと玉子丼 | メイン | 金沢 そば やまの葉で蕎麦ランチ »

2018年3月11日 (日)

フィリップス製麺機の実力は?

蕎麦打ちの道具は一応持っているのだが、その手間と技術の低さを考

えると二の足を踏むことになります。そんな横着者に最適と思われる

製麺機があるらしい。

P3099588

これですね。アマゾンで8千円ほど。以前より安くなった印象だが価

格comではさらに千円安く売っていました。錯覚良くない、よく

るよろしい!とは升田幸三氏の言葉らしい。

P3099589

現物は重量感のある堂々としたもので見た目8千円の物とはとても思えない。

P3099591

P3099592

では早速打ってみましょう。蕎麦の場合強力粉を3分の2ぐらい入れ

るとある。製麺中に切れてしまうのを防ぐためらしいのだが、こんな

割合で蕎麦といえるのだろうか。ともかく指定通りにやってみます。

P3099599

粉を入れて水を少しずつ入れていくと、撹拌の後、押し出しまで自動

です。最初1.6ミリの細麺用アタッチメント付けたもののすぐに詰

まって出なくなりました。どうも水分の量が粉の乾燥度と合ってない

ようです。説明書にも水分量を調節するように書かれているのでこれ

は仕方あるまい。パスタ用太麺のアタッチメントに取り替えて再度実

施したのがこれです。

P3099597

麺は太いが一応それらしい形はしている。早速茹でて見ました。ひど

くコシがあるというかパスタを食べているような食感です。麺が太い

ということもあるが強力粉が多すぎて蕎麦の風味にはほど遠いな。割

合はいろいろ試す必要があるが、これでは手打ちの足下にも及ばない

と思いました。これで如何にしてうまい蕎麦を作るか楽しみが出来た

ともいえます。とほほ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/529037/34111121

フィリップス製麺機の実力は?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム