2021年10月12日 (火)

姥ヶ岳登山

戌山には何度も登っているのだがハイキングコースとされているので

人様に登山というのも恥ずかしい。9月に飯降山に登ったのが登山と

すれば今回の姥ヶ岳が2座目となります。

Pa115596

平家平への登山口。

Pa115609

平家平のブナ林に到着。前回1時間あまりかかったのだが今回は49

分。50分が平均時間らしいのでやっと人並みの脚になったというこ

とか。ここが姥ヶ岳の登山口になるのだが前回来た時には疲れて全く

登る気にはならなかった。まあ暑い時期だったしね。

Pa115618

折角登ってきたのだが先へはいったん下らなくてはならない。そして

ここがミズバショウの群生地らしい。どこにでも咲く花でないのは

かるが、なぜミズバショウをこれほど有難がるのか不思議だ。

Pa115620

1時間30分あまりで姥ヶ岳山頂に到着しました。1454m。登山

愛好家のブログでは山頂の手前は笹などの藪でひどい状態とされてい

て覚悟していたのだが道に藪は全くありません。刈払いがされていた

ようで実に有難いことだ。この藪のため2度と姥ヶ岳には登らないと

る方もいるようだがぜひおいでください。

Pa115628

これが三角点なのですかね。

Pa115636

山頂手前の坂で私を追い抜いて行ったおばちゃん。鯖江の方で荒島は

おろか白山などいろいろ登山しているらしい。この近くでは能郷白山

がおすすめだという。

Pa115639

食事も用意してきました。コンビニのおにぎりとカップヌードル。お

ばちゃんから「それが楽しみなんですか」と言われたがええその通り

です。ネスカフェエのゴールドブレンドも頂いて豪華なランチとなり

ました。

Pa115658

時々ガスが晴れる時もあるのだが一部だけです。おばちゃんによれば

笹生川ダムらしい。

Pa115666

大野市は午後3時ごろ雨になるらしい。早めに下山しました。

2021年10月 2日 (土)

伏見稲荷大社の千本鳥居

伏見稲荷大社は稲荷山を神としてしているが、商いの成功を祈る信者

から結願の礼として赤い鳥居を奉納する習慣が広まり千本鳥居となっ

たらしい。外国人観光客には特に人気でコロナ過以前の平日には外国

人の方が多い状態だったという。

Dsc08607

駐車場へは狭い一方通行の道を行くのだが広い駐車場が有ります。京

都では珍しく終日無料なのは有難い。

Dsc08622

こちらに来るのは初めてなのでこれが千本鳥居かと感慨深いものがあ

ります。

Dsc08627

稲荷山山頂まで延々と続く鳥居。旅行雑誌などに登場する風景ですね。

Dsc08645

稲荷山は標高233メートル。三ノ峰、二ノ峰、一ノ峰までには右回

りと左回りの二つのルートがあって左回りで登ることにしました。鳥

居は延々と続き1万本ほどあるらしい。数多くの階段を上るのだが距

離があるのでなかなか大変だ。

Dsc08650

ようやく山頂とされる一ノ峰(上之社神蹟)に着きました。

Dsc08651

Dsc08653

下山は左回りなので右側に進みます。千本鳥居の登り口では大勢の人

が歩いていたのだが山頂の一ノ峰ではほとんど人がいない。途中で登

るのを諦めたようです。

Dsc08657

下りは楽といってもまだまだ続きます。良い運動になりました。

2021年9月 6日 (月)

戌山登山

戌山はハイキングコースとされているが私には立派な登山です。

Inkedp9065436_li


みくら清水の登山口には駐車場があるのだがアスファルトできれいに

整地されていました。駐車場は地区の好意により設置されているらし

これは大変ありがたい。

P9065440_2

電気柵を越えて登山を開始します。

P9065441_2

不気味だ。どう注意すればよいのだろう。

P9065443_2

戌山城址跡で一休み。いつもはそのまま通過するのだが今日は3キロ

余りの荷物を背負っているのでね。

P9065449_2

天空の城撮影ポイントに到着しました。右の椅子がいつも休む所。

P9065450

亀山城が見えます。

P9065461_2

リックから荷物を取り出します。ふ、ふ、ふ、思わず笑いがこみ上げ

る。

P9065463_2

防風板も使用しました。効果は抜群だが板の上では安定性が悪いので

地面に棒を突き刺して使うのが本当でしょうね。

P9065464_2

ゴールドブレンドをいただきました。至福の時間です。

2021年9月 4日 (土)

クッカーセットを購入

Dsc08444

登山のまねごとをしているわけだが、登山好きの方のブログを拝見す

ると山頂で飲むコーヒーとか鍋で煮たラーメンとかの味は格別である

らしい。ならばその味を体験してみようと調理用器具を購入しました

。ピンからキリまであってもちろんキリの方です。だってピンの方は

このセットの価格でもヤカン一つ買えないぐらい高価だしどうせすぐ

に飽きるだろうしね。

Dsc08448

よくこんなに上手く入れたなと思うぐらいきっちりしまわれています。

Dsc08453

ヤカン、フライパン、鍋以外はおもちゃ程度で役には立たないでしょ

う。

Dsc08454

ガスバーナーも必要でイワタニ製です。

Dsc08455

お湯を沸かしてみましたが全く問題ありません。

Dsc08458

風を防ぐ板も必要でしょう。これで良し。

2021年9月 2日 (木)

飯降山登山

昨年の亀山登りから始まり今年は戌山登りに移行したのだが何回も登

っているとやや物足りなさを感じてくる。戌山はハイキングコースと

されるのでそれは当然なのだが、戌山の先には飯降山登山口がある。

おたけさんと言っていつも見上げる山だが頂上まで登ったことはなか

ったのです。

Cimg0006

戌山からだと距離があるので飯降の登山口から出発します。初めての

本格的な登山でワクワクします。

Cimg0013

車が通れる道があってそこを右に登っていくのだが、初めての者には

わかり難い。

Cimg0011

標識は全く読めません。

Cimg0018

右側は戌山への分岐点。戌山からここまでは何回か来ている。

Cimg0021

ここまでは順調だがここからは急登が続き一気に厳しくなる。

Cimg0036

7合目670メートル地点。すでに汗だくで首にかけたタオルの汗を

絞って軽くする。

Cimg0044

景色の良いところに出てきた。

Cimg0054

884メートル。ようやく頂上らしい。へろへろの状況だがこちらは

眺望が良くないのでさらに先に進みます。

Cimg0056

普通、皆さんこちらで休むらしい。所要時間は2時間20分ぐらいで

平均的な時間らしが初めてにしては上出来だ。約15分の休息で下山

開始です。だって持ち物はウエストポーチの水やタオル、携帯ぐらい

で何もすることがないのだもの。登りは厳しいと感じたが下山はさら

に厳しい。赤土の所が多く、湿っているので滑りやすいのだ。自分の

ことながらこんなに厳しい所をよく登ってきたと思うほどです。

Cimg0073

ようやく戌山との分岐点に着きました。右側を行けば飯降方面に降り

ます。

Cimg0077

1時間15分ぐらいで無事登山口に着きました。足は重いが登頂出来

た喜びで心は満たされています。良くやったよ!

2021年7月19日 (月)

平家平散策

平家平には1万本のブナ林があるらしい。

Cimg0007

157号線から雲川を越えて平家橋。そこから自然観察道旧里山道の

登り口があるのだが、ブナ一斉林の登り口までは約3.7キロ、1時

間20分かかるらしいので、車で登山口案内板の所まで作業道を行き

ます。

Cimg0022

ブナ一斉林の登り口の所からオウレン畑の間を登っていきます。私か

らするとかなり急な道だし、途中小さな川が横切っていて滑りやすい

など決して楽な道ではないです。

Cimg0033

登山道は整備されているものの、ブナ一斉林の手前は急坂であってき

ついきつい。ようやく到着しました。この地から姥ヶ岳登山道になり

ます。もちろん続いての登山は無理です。

Cimg0037

ここまでは1.5キロ、50分のコースらしいが1時間ちょっとかか

っています。まあ歳だからね、焦る必要はないのだ。

Cimg0045

遠回りして平家平のトチノキコースへ。トチノキの大木があるらしい。

Cimg0048

これが平家平の大トチノキです。横にあるのはトチノキ大明神らしい。

Cimg0058

谷倉の滝を遠くに見ることが出来ました。

2021年6月11日 (金)

戌山登山で天空の城を鑑賞する

天空の城撮影場所として戌山は有名だ。

005

みくら清水から登山を開始します。実は3コースあるうち一番距離が

ありアップダウンもきついのだがまあ運動という意味もあるのでね。

011_2

廓、堀切、土橋を過ぎてようやく主郭のあった場所に到着します。案

内にはみくら清水から500メートルとされているがそんなに近くな

いでしょう。私の感想です。

061

さらに500メートルぐらいで待望の撮影スポットに到着します。

058

これを見ると撮影意欲を掻き立てられるのだがもちろんこの季節に雲

海は発生しません。

055

030

晴天の城だな。山はゆっくり歩いても30分ぐらいで登ることが出来

ます。登山道は良く整備されていますが砂を撒いたような坂道があっ

て滑りやすいので注意が必要です。