2018年4月14日 (土)

勝山市遅羽町 縄文の里訪問

えちぜん鉄道勝山駅前に、遅羽町の女性グループが古民家を改修した

ふるさと茶屋を開店したらしい。

P4140002

縄文の里料理研究会というグループ名であるという。

P4140010

P4140011

確かに民家を改造して営業しているようです。店員は地区のおばちゃ

んらしくて接客は慣れていない様子だがまあこれは仕方ないでしょう。

P4140004

メニューにはランチもあるのだが、時間がかかると言われたらしい。

今回は様子見ということでケーキセットを注文することにしました。

これで500円です。安い。

P4140005

確かに手作り感のあるケーキでした。味は普通。

P4140006

P4140008

もう少し洗練された外観であって欲しい気もします。こちらも味は普

通ですが、コーヒーがね、研究の余地大いに有りです。せめてコンビ

ニ程度のを出さないと喫茶としては成立しないと思います。おそらく

あまりコーヒーを飲まない人が入れているのでしょうね。

P4140014

追加の団子120円。スプレー式の醤油を掛けましたが普通に美味い

。これにお茶を付けてセットとしても喜ばれると思います。

2018年4月 3日 (火)

讃岐うどんは高松駅前 岡じま 

せっかく高松に来たのに、天下に名高いうどんを食べない手はない。

といって有名店を知っているわけではないので近くの岡じまを訪問し

ました。

P3300208

適当に店を選んだわけだが駅前の立地からでしょうか、次々と客が入

りそして出ていきます。

P3300202

セルフの店で丸亀製麺と同じシステムらしい。これは鶏とゲソの揚げ

たもの。冷めています。

P3300207

釜玉中を頼んだのだが6分掛かるという。茹でるのに6分掛かるのか

も知らないが昼飯時であり、混雑の中待たすのはなかなか度胸がある

といえる。美味いうどんを提供したいという店の意地かもしれない。

P3300205

味付けは目の前のしょうゆを掛けます。瓶には掛けすぎに注意と書か

れているのだが、その色が薄くてつい掛けすぎました。讃岐地方特製

の醤油かもしれないが一般的な色のにして頂きたい。味は丸亀製麺と

差があるとも思えなかったが少々堅く感じた。こういうのをコシがあ

るというのでしょうか。

P3300070

またしても瀬戸大橋を通り大阪へ。

P3310525

本日の宿泊は東横イン新大阪東三国駅前店です。こちらは開店したば

かりで暫くは安く泊まることが出来ます。税込み4266円。わざわ

ざ新大阪まで行くのもその理由があるわけですね。枕元にはLEDラ

イトがあってこれは初めて見ました。しかし照度の調整が出来ない上、

すぐ近くにエアコンのリモコンがあって実に使いにくい。使い勝手と

いうことを考えなかったのだろうか。

P3310527

開店して間もない店は朝食も今ひとつなわけだが、まあ安いのだから

文句は言うまい。

P3310531

似ていても岡山のとは大分違いました。差が出るものですね。

2018年4月 2日 (月)

岡山から高松へ 香川県立ミュージアム

岡山駅西口東横インの無料朝食です。無料といっても料金の中に含ま

れているだろうけど。

P3309803

スクランブルエッグと梅干しが出ているのが良かった。何でも当ホテ

ルは美味しい朝食を出そうというキャンペーンを実施中とのこと。

P3309807

そういえばみそ汁は丁寧に作られている感じで美味い。お代りしまし

た。

P3300191

P3300194

瀬戸大橋を通って約50分で高松に着きます。

P3300199

香川県立ミュージアム。実は2年前にもここを訪れているのだが、館

内点検とかで休館中だった。そのためずっと気になっていたのだがや

っと入館することができました。シニアは入館料が無料です。香川県

は太っ腹!このミュージアムは玉藻公園に隣接しているのだが、すぐ

近くは瀬戸内海であり風向明媚な地にあります。1階はエントランス

。2階が歴史や美術関係の常設展示。3階は歴史展示となっています。

Kuukaiheya

Kuukaisuzu

館内は撮影禁止なので画像はホームページからの借り物です。撮影の

出来るミュージアムも半分ぐらいあるのだからこちらも早く許可して

欲しいものです。建物は19年ほど前に立てられたらしいが新しいし

広々とした展示室となっています。仏教に関する資料も多くて昔から

信仰心の厚い土地柄だったのかもしれない。展示物を絞って深く掘り

下げた内容にするやり方で見応えがあるのだが入館者は少ないようだ

。特に子供は一人も見なかったのだが春休み中なのにどうしてだろう

ね。