2019年9月21日 (土)

USB DACの更新

PCに保存した音楽ファイルを再生するにはiTunesやMedi

a PlayerからUSB DACを介してアンプに繋ぐのが普通

だと思うがDACの性能は様々であるらしい。

Dsc03594

こちらは雑誌の付録についてきたDACでOP AMPを交換済みの

もの。現在使用中でオリジナルより音域が広がっているがなんといっ

てもこの外観なので高級感は少しも感じられない。

Dsc03575

アムレックのホームページに手頃なUSB DACが掲載されている

。14300円で高級感があるのに格安の印象だ。社名はユディオス

となっているがアムレック製品と外観はそっくりなのでOEMだと思

われます。旧製品をユディオスとして販売しているようだが値下げは

大賛成です。

Dsc03578

アマゾンで見ていたら残り2台の表示があって慌てて購入しました。

Dsc03586

PCMのハイサンプリングやDSDも再生するのだが高性能のPCが

必要です。要求性能はCPUがCore 2Duo 1.8GHz以上

でPentiumやCeleronは使用できないとある。なんです

と、現在使用中のPCは1.6GHz Celeronであって全く

使用できないことになる。力が抜けてしまったわけだが試しにインス

トールしてみると音が問題なく出てきた。どうもハイレゾ再生時には

必要だが48kHzのPCMでは問題がないらしい。良かった。

Dsc03589

低域が大きく広がったようでサブウーハーのレベルを下げました。そ

うしてみると雑誌付録のDACと差があるようにも感じないのですけ

ど。これは雑誌付録DACの性能が良いということで納得しましょう

2019年9月13日 (金)

ジャズ喫茶 カフェ ガ ト アズール訪問

松本市安曇の158号線沿いにあります。

P9102212

店の存在は、安曇野に住むジャズ愛好家のブログで知っていたのだが

道路を何度走っても見つけることが出来なかったのです。ナビに電話

番号や番地を入力しても該当なしだしグーグルの地図にも店が出てこ

ない。航空写真を持参してようやく発見しました。一見普通の住宅に

見えるのだが玄関をよく見ると、JAZZの赤い文字が見えます。

P9102189

P9102205

P9102194

店内は何かわからない機器で埋め尽くされているのだが、よく見ると

ナグラのレコーダーだったりテクトロの真空管式オシロだったりしま

す。うーむ。

P9102174

正面に構えるスピーカーは自作の平面型です。如何にも軽く立ち上が

る中域の音でホーンの音とは違っている。リボン型かと思ったのだが

少し違うらしい。

P9102180

CDプレイヤーはDENONの業務用らしいが素直な音だと感じまし

た。

P9102183

パワーアンプはスビーカーの裏側に置いてあって、ちょっと分かりに

くいと思うが小型のデジタルアンプなのですね。ステレオという雑誌

の付録に付いていた出力3wぐらいのもので私も持っている物。主人

によると能率の良いスビーカーなのでこれで十分との事。アンプは簡

単なものの方が音が良いとのことでした。

P9102207

P9102208

朝食用にガーリックトーストセットを頂きました。ガーリックはかな

り効いています。主人に店がなかなか見つけられなかったと話したと

ころ、ここは音楽を聴きに来る人だけに来て欲しいので看板などは出

していないという。店内にある古い機器はヤフーオクで動かないのを

購入し、自分で修理しているとの事です。技術者だったのか尋ねたが

アマチュアで好きにやっているうちこうなったらしい。如何にもマニ

アが集いそして楽しみを共有する店のようです。

2019年8月11日 (日)

完全ワイヤレスBluetoothイヤホン

Bluetooth用イヤホンは既に持っているわけだが左右の耳の

間にはコードがあります。最近青春18きっぷで東海道線に乗る機会

があったわけだが、車内でスマホ人がずらりと並んでいたのはもちろ

んことです。その中でイヤホンのコードを使わずスマホをいじる人を

多く見ました。そうか世の中はそういうことになっているのか。

P8081981

世の中の動きに後れをとってなるものか。早速アマゾンで購入です。

もちろんオーディオテクニカなどの一流品は買えるはずもなく300

0円の安物になります。

P8081983

ケース内に電池があってイヤホンを収納すれば充電できるのですね。

P8081984

イヤホンの小さい穴は赤、青のLEDで充電状態などがわかります。

P8081987

イヤホンにはスイッチがあり押し回数により音量とか、ON/OFF

、など覚えきれないくらいの操作が出来るようです。さすがに音質は

低域も高域も弱い感じで値段相応といえる。しかし使ってみるとコー

ドの無いのは確かに楽で素晴らしい。時代は進んでいます。

2019年5月27日 (月)

富山クラフトオーディオクラブ 第35回試聴会

富山県魚津市の新川文化ホール 小ホールで行われた試聴会です。

P5251742

魚津市の8号線沿いにありますがクラブもこちらのホールをを使用す

る事が多くなったようです。

P5251758

クラブ会長町野氏の挨拶。会長を務めるのも相当長いはずだがまだま

意欲十分とお見受けしました。「無線と実験」誌によると各地の発

会にも会長として参加されているようです。

P5251760

事務局長の伊藤氏。試聴用3wayスピーカーは伊藤氏の自作のはず

です。

P5251753

試聴会で使用するスピーカーはおなじみアルテックの620Aと自作

3way。

P5251744

最初の発表は左側のパソコンケースに組み込んだトランジスタアンプ

です。クラブには珍しいといえる若い方で話し方も初々しい。

P5251762

入力はFETによる差動。出力はコンプリメンタリーによるAB級プ

ッシュプル回路となっている。供給電源はスイッチング電源らしいが

シリーズ電源との差は全く分からなかった。安く使用出来ると思うの

で市販品をどんどん活用すればよいと思う。音はやや線が細いという

印象だがきれいな音を出していたと思います。どうも町野会長の指導

を受けているらしい。

P5251767

安井式アンプというらしい。トランジスターアンプであるが、故、狐

塚氏が制作して音が出ないまま放置してあったのを会員の森田氏が修

理したものらしい。狐塚氏というと私がこの発表会に参加させてもら

うきっかけになった方だ。物腰柔らかく親切な方でその方制作のアン

プだと思うと聴くのにも力が入る。音は歪感がなく低域から高域まで

素直に伸びている印象でこれ良いね。

P5251746

6CA7を三極管接続で使っているらしい。EL34と互換性がある

のだが音の違いはあるという。低域が朗朗と広がり聴きやすい音に感

じた。高域は意図的に落としてあるような印象です。ここで休憩にな

って私の参加も残念ながらここまで。地区の会合があるので帰らなけ

ればならない。D/Aコンバータの発表もあるのだが聞けなかったのは

残念でした。

2019年5月12日 (日)

DACのオペアンプを交換する

パソコンに取り込んだ音楽データーを再生するにはUSBDACを使

用している。

P5091723

これはコルグのDACだが専用ソフトをパソコンにダウンロードして

使用する方式だ。DSD再生が出来るしPCMのアップサンプリング

も出来るのだがハイスペックのパソコンを要求する。使用中のパソコ

ンはレノボの最安品であり当然能力も最低レベルだ。mp3やWAV

良いのだが、Apple Losslessなどを再生すると再生

がストップすることがあってなかなか楽しめない。

P5091728

それで使いやすいこちらを使用する訳だが6年前のステレオ誌付録に

付いてきたDACです。PCM16ビット48KHzまでしか対応し

ていない。ハイレゾを聴くわけはないのでもちろんそれで良いので

あるが音質がね。低域も高域も足していて薄っぺらい音という印象

だ。

P5091722

音質を改善するには低周波出力用オペアンプを替えると良いらしい。

元々はJRCの4558Dなのだが同じくJRCのオーディオ用MU

SES8820Dとしました。2個で送料込み1300円です。元

は1個40円ぐらいなのでかなり高級になりました(笑)秋月電子

購入しましたが電子部品はこちらが一番安いようです。

P5091725

ヘッドホン出力もあるので2個とも交換。

P5091729

低域が小気味よく響くように感じるし全体に帯域が広がったようです

。スルーレイトが良くなっているせいと思うがけっこう音の違いはあ

るものですねこれなら1万円クラスのDACに負けない感じがする。

良い作業をしました。

2019年4月19日 (金)

JBLパラゴンを聴く

パラゴンはJBL社で1958年から約25年ほど販売された左右一

体型のスピーカーです。1000台ほど作られたらしい。

Para04

JBLの製品中最高傑作と言われるものでその複雑な構造から社内で

も最高技術を持つ職人が製作していたとのことです。日本には山水電

気が代理店となり約400台ほど輸入されたともいわれているが、何

しろ古い製品なのでその音を聴くことは非常に困難な状況であるわけ

です。

Dsc02081

滋賀県和邇浜に青年会館というユースホステルがあってそこの喫茶店

でパラゴンの音が聴けるという。目の前に琵琶湖が広がるという素晴

らしい環境の地にあります。失礼ながら建物は相当くたびれた印象だ。

Dsc02080

ジャズ喫茶風の玄関。

Dsc02056

ブロックを2段にした上に置かれています。これが有名なパラゴンか、

思っていたより大きい感じがします。音量はかなり大きく少々うるさ

いぐらいに聴こえます。

Dsc02062

レコードは大量に在庫しているようだが当日はCDの演奏だけでした。

Dsc02066

アンプはマランツのようですね。

Dsc02071

コーヒーと焼き菓子を註文しました。中域から低域を大きく膨らまし

たような音で、くっきり感は少ないようです。高域は意図的にカット

しているのか極めて弱いのか全く出ていないようだ。昔の音はこんな

ものといえそうだが現代の音とはかけ離れたものといえる。音の解像

度が低いように感じるのだが、鳴らし方が難しいといわれるパラゴン

なので工夫も必要と思われます。パラゴンの置き方だが、向かって縦

長の正面に置いてある。素人ながらこの置き方は店の天井が低いので

低域の反射音が直接音と絡まって解像度の低い音にしていると思う。

ここは縦長配置ではなく横長配置にして、ブロックも1段として下方

から音が出てくるように配置すべきと思うのだが。もっともこの店の

ホームページにはオーディオマニアを対象にした店ではないと書かれ

ているので余計なことは言うなということでしょうか。せっかく希少

な製品があるのだから良い音で鳴らしていただきたいと思うのですけ

どね。

2019年4月 2日 (火)

ネットラジオ録音のすすめ

ネットラジオとは私の場合NHKのらじるらじるのことです。FM放

送をネットで聴けるのでこれを録音しましょう。らじるらじるはスト

リーミング配信でAAC圧縮で送られている。もともとFM放送自体

がCDに比べて不満のある音質だし、圧縮となれば期待できそうもな

いのであるが、ライブ放送の生々しさだけは何事にも代えがたい魅力

があります。

25

時代の進歩は素晴らしい。フリーソフトで録音ができるのです。何種

類かあるようだがその内の「どがらじ」を選びました。

17

ラジオ番組の中からNHKFMを選びます。

19

そのまま聴いたり録音もできるのだが簡単に予約出来るのがすごい。

番組表から録音したい番組にチェックを入れます。何番組でも一週間

後でも大丈夫。

22

音楽ライブラリーに保存されます。このファイルはⅰTunesに送

る事も出来るのでⅰPodなどにコピーができる。私の聴いたことも

ないクラシック曲を放送しているNHKFMは実に貴重で新しい発見

を得ることが出来ます。昔のエァーチェックの気分で楽しみましょう。

2019年3月 2日 (土)

Bluetoothイヤホン入門

Bluetoothはパソコンのマウスで経験済みだが音楽プレーヤ

での使用は初めてです。

Cimg0006

iPodには有線のイヤホンを使用している。しかし接続用のコード

が絡まったりしてそれが気になるのですよね。Bluetoothに

よるイヤホンは知っていたのだが無線通信による音質は良くないとい

うイメージがあって手を出さずにいたのです。最近、アマゾンのタイ

ムセールで安いのが出ていたので試しに使用してみることにしました

。機種はなんとあのJBL。Bluetoothイヤホンまで販売し

ているとは知らなかったが知名度からいっても良いものに思えるでし

ょう。

Cimg0008

説明書は日本語が僅かの記述しかなくて役に立たなかったが苦も無く

アリングが完了します。そして驚いたのがその音質で重低音がガン

ン出てくる。ドンシャリ風ともいえるがなかなか素晴らしい音質で

あって私の認識不足でした。問題はイヤホンの形状で、この形で耳に

フィットするとは到底思えない。エレコムのイヤーキャップを使うと

良いらしいのだがもう少し使ってみてから考えましょう。電池は6時

間持つらしいです。

2019年2月 9日 (土)

ジャズスポット・ブルーライツ訪問

P2081414

枚方市香里園にあるジャズ喫茶店です。15年ほど前に一度訪れてい

のだが現在は金、土、日だけの営業です。

P2081426

正面にコンクリートホーンを擁しテーブルと椅子が整然と並べられて

いる。ジャズだけを演奏し、その音にひたすら耳を傾けるという如何

にもマニアが喜びそうな店ですね。

P2081423

P2081429

店主は客のリクエストに応じてレコードを掛けます。以前に来たとき

は父上がここでレコードを掛けていた。眼光鋭い白髪の方でレコード

を持ちながらアンプは〇〇で調子が悪いとかぼそぼそと言っていたの

を思い出す。

P2081417

最初に分厚い所蔵レコードのファイルが渡され、希望のレコードタイ

トルと演奏者を紙に書いて渡します。

P2081432

1枚目はスタン・ゲッツの曲。

P2081441

2枚目はサムシン・エルス 。千葉県の方から譲り受けたという原盤ら

しい。相当聴きこんだらしくチリバチ音が大きかったが生々しさは出

ていたようです。以前、店で聴いた音と比べて随分くっきりした音に

聴こえた。主人に機器の変更が有ったか尋ねたのだが変更はしていな

そうです。もっとも4台使用している真空管アンプをメンティナンス

したらしい。大音量であるしジャズ曲だけなのでなかなかの迫力で迫

ってくる。低域もコンクリートホーンだけあって無理なく広がってい

る。これは一関のべーシーをも凌ぐ音に聴こえました。しばらく聴い

ていると作られた音と感じてくるのだがこの店独自の音ということで

しょう。

P2081439

コーヒーを頂きました。奥様からはゆっくりしてくださいと言われる

のだが、曲を聴くより音の形を聴くのが目的なので4曲で終わりとし

ました。コーヒーは濃いめでなかなか美味かったです。

2019年1月23日 (水)

iTunesにアルバムアートワークを貼り付ける

iTunesには、CDデーターを取り込むとネットからアルバムアートワ

ークを動的に探して張り付ける機能があるのだが、すべてを張り付

けてくれるわけではない。その場合見つからないという表示が出るの

だが、それを強制的に張り付けてしまおうというものです。知ってい

る人は多いと思うが、まだの人は試してみてください。

3

再発売の安価なものに取得できないものが多いようです。

4

アルバム情報をクリックします。

5

アルバム名をコピーします。

7

アマゾンとかでアルバムを探しましょう。見つけたアルバムの画像を

コピーしてディスクトップなどに貼り付けます。

8

アルバム情報からアートワークを選択。画像をドラッグアンド・ドロ

ップし貼り付けます。

9

張り付けた状態です。OKします。

11

12

貼り付けが完了しました。なおCDからWAVで取り込むとアルバム

アートワークは貼り付けられないので、それ以外の圧縮したデーター

で試してください。

2018年11月20日 (火)

ipodとイャーホーンの購入

ipodは私の場合喫茶店とか図書館では欠かせないものだ。

Dsc01235

最安のipodとSONYのイャーホーンを使用していたわけだが、

まずipodがですね。最新のItunesにこの機器は対応してい

ないようで充電完了サインは点滅のままで終了を表示しません。さら

にこれより前の同じシャッフルを持っているのだがこちらは新しいO

Sに反応しなくてvistaより前のOSでしか充電出来ない状態で

す。古いとはいえ持っている機器を使えなくしてしまうのは大いに問

題があると思うのだがしかたがないのだろうか。

Dsc01236

嘆いていても仕方がない。別のipodを購入しました。第5世代ら

しい。中古です。音楽を聴くには全く不要であるWifiやカメラが

使えます。スマホから電話機能を無くしたもののようだがそんな物入

ないから安くして欲しいものだ。

Dsc01241

最近ウォーキングにも持っていくのだが汗が気になります。さすがに

SONYが壊れると困るので別のイャホーンを購入しました。アマゾ

ンで購入。719円。安いと思ったが今日確認してみると607円に

値下げされていました。くそぅー。SONYより帯域が狭そうだし繊

細なところが落ちるようだが値段を考えれば全く申し分ありません。

これで良し。

2018年4月26日 (木)

ジャズ喫茶 M-gate 訪問

安曇野松川村にあります。そば処 こうやのすぐ近くです。

Dsc00607

道路沿いにあって、このあたりは新興住宅地らしく新しい家が多いよ

うです。

Dsc00608

Dsc00622

カウンターとテーブル席。そして、

Dsc00610

知っている方は驚愕されるはず。JBLのDD66000とPASS

のアンプ。この組み合わせはすごい。少々古くはなっているがスピー

カーとアンプは超高級機であってこのスピーカーの音が聴ける店は千

葉県に一店あるだけと記憶する。もちろん見るのは初めてです。

Dsc00611

風格ある風情はJBL史上最高傑作というのもうなずける。当時の価

格で560万円だったらしい。アンプはモノーラルであるため2台必

だが低域と中域以上とを分けているようだ。総額400万円以上。

Dsc00617

しかしこのアンプの放熱器は横方向でありかつ45度ぐらいの角度を

つけて取り付けられている。AB級らしいので小出力時の発熱は大き

いはずだがこの形では放熱に極めて不利といえる。なぜ垂直形状とし

ないのか。熱試験に少々うるさい者としては不思議です。

Dsc00620

アナログプレーヤーは糸プーリー式でスタート時は手で回していた。

こちらも超高級機であると思われます。

Dsc00626

Dsc00628

コーヒーとケーキを注文しました。ケーキは奥様の手作りらしい。

ブルーベリーのジャムが付きます。

Dsc00623

肝心の音の方だが、ジャズを鳴らしているにしては少々音量が小さく

感じたので大きくしてもらいました。他の客もそういう人が多いらし

い。見事なピラミッドバランスで中域は明るく聞える。もちろん最新

の飛び抜けた音を出すスピーカーではなくて、そこは節操を感じるも

の。15インチ2発のウーハーのせいかひたひたと押し寄せるような

低域が感じられるのだが、拙宅のJBLとくらべて大差あるとも思え

なかった。もっともこの僅かな差が大事であってこの差を出すために

血道を上げるというのがマニアという人たちだ。CDはなくレコード

の再生のみのようです。当然小さいながらシャー音は発生するわけで

この高級セットには勿体ないように感じる。ジャズ喫茶での再生はレ

コードが常識というような風潮があって事実そのような店がほとんど

なのだが別に拘らなくて良いと思うのですけどね。このセットでハイ

レゾ音源を聴いたら最高でしょう

2018年4月21日 (土)

ジャズ喫茶 Aroma 訪問

正しくはJazz Cafe &Bar Aroma です。甲府市

緑が丘にあります。

Dsc00528

失礼ながら古びた印象の店だが3代にわたって営業している歴史ある

店らしい。

Dsc00522

Dsc00523

少々狭いが典型的なジャズ喫茶の雰囲気です。この広さでジャズライ

ブもあるらしい。配置はどうするのだろう。

Dsc00520

スピーカーはJBL。CDプレーヤーはSONYで以前私が使ってい

たものと同じ。プリはアキュフェーズだが下の真空管アンプは不明で

す。

Dsc00517

暑い日だったのでアイスを注文しましたが、こちらはネルドリップの

本格コーヒーを出す店らしい。ホットにすれば良かった。600円。

Dsc00527

JBLの音は古くて重い音で聴き慣れた音。自宅でもJBLを使って

いるので全く違和感がありません。少々音が小さくて輪郭がぼけてい

るようにも感じたが店としてはこれぐらいの音量が限界かもしれない

。ジャズ喫茶にしてはレコードはなくCDのみでこれは珍しい。スペ

ースの都合もあると思うがCDオンリーでまったくかまわないと思い

ます。

2017年11月27日 (月)

しあんくれ~る愛球会 レコードコンサート

春に鯖江市公民館で「真空管オーディオアンプ試聴サロンinフクイ」

を開催した「しあんくれ~る愛球会」だが今回はレコードコンサート

の企画です。私は会と全く関係ないのだが、前回アンケートに記入

あった人全員に案内状を送ったらしい。

Pb269438

場所は越前市シピィ2階のホールです。奥越に住む人間にとってシピ

ィに来ることはまず無いと言って良いでしょう。こちらはあまり立地

が良好とはいえないように思うのだが。

Pb269439

ステージは無くてがらんとした印象のホールです。入り口付近で、

あんくれ~る愛球会代表福嶋氏の奥様と思われる方が受付をされて

ました。しあんくれーるとは変わった名前なので意味を伺ったところ

京都にある喫茶店の名前とのこと。奥様も詳しくは知らないようだっ

た。

Pb269440

スピーカーはタンノイとJBLS-3100の2台が台上にあるのだがタンノ

イは使用していないようです。前列の椅子に座った時はリクエストタ

イム中で試聴会に参加された方が持ち寄ったレコードを演奏していた

らしい。しかしS-3100から出る音は低域がだぶついたような音で残

念な音に聞えた。ホールはもちろん音響的に考慮されたものではなく

反響が多いようだ。天井もホールの容積の割に低いようで、これなら

スピーカーを横長配置にした方が良かったのかも知れない。今回聴い

たのはレコードのみでCDの演奏はありませんでした。よくこれだけ

レコードが保存されているものだと感心はしたのだが、ジリバチ音が

耳について私には気になる音だった。今回のアンケートにも書いたの

だが、大勢の前で演奏するにはデッドなホールを選択するのが肝要で

はないだろうか。せっかくのアンプやスピーカーの性能が発揮出来て

いないし、聴いている方にオーディオ装置の音はこんなにもこもこし

音なのかと思われても困る。ともあれこのような会を開くのは大変

苦労があると思われます。有り難いことだ。

2017年10月31日 (火)

第32回富山クラフトオーディオクラブ試聴会

射水市にある小杉文化ホールで開催されました。私はクラブ会員では

ないのだがいつも案内状をいただいている。有り難いことである。

Pa289387

年2回開催されている試聴会では秋が水橋館町の相山ホールだったの

だが今回は変更になりました。相山ホールは希望が多くて予約が難し

いらしい。

Pa289389

スピーカーは自作3wayとアルテックでいつものですね。ホールは

コンクリート打ちっ放しのような構造もあってライブな状況のようだ。

Pa289407

町野会長の挨拶。

Pa289397

最初は上野恭子氏の6V6シングルアンプ。キットを制作したとのこ

とだが綺麗な仕上がりでした。中域から上が不足しているような印象

だが大型スピーカーを堂々と鳴らしています。自宅でJBLをトライ

ードで鳴らしたときはとても駄目だったわけだが、6V6は底力があ

のかしらね。

Pa289411

発表者の上野氏。女性がこのような会に登場するのは珍しい。父親が

アンプを製作していたのを見ていたと言います。半田ゴテでだいぶや

けどをした模様だが指導者の広瀬氏によると半田付けは綺麗に仕上が

っていたらしいです。

Pa289398

Pa289399

Pa289400

FETではなく静電誘導型トランジスタを使用したアンプ。高周波用の

石らしいがアンプでの使用例は無いという。手探り状態で仕上げたら

しいが実にすばらしいことだ。音は発展途上という状況のようだが今

後に期待したい。

Pa289395

大型アンプであって筐体には人工大理石を使用し、唸りから逃れるた

め外部電源構成にしているという。GM-70パラレルプッシュで3

60Wの大出力らしい。抑制が効いていながら不足は全く感じられな

い。実に堂々とした音で高級アンプはかくあるべきという代表のよう

なもの。私にはこれが最も良いように感じた。

Pa289402

広瀬氏の作品。氏は真空管アンプ作りもされるがデジタルオーディオ

に滅法強いようだ。DACなどに供給する44.1kHzの信号はルビジュ

ム発振によるクロックとして分周して使用している。ルビジュムの発

振は極めて安定しているのでクロックのゆらぎが無くなり、それで音

質が良くなるらしいのだがはたしてその差は感じられるのだろうか

。DSD変換の音は少々きつい音にも感じた。自宅コルグのDACの場

合DSDにするとPCMよりなめらかさを感じるのだがこれは意外です。

最後に「無線と実験」誌にアンプ制作記事を書いている征矢進氏

発表がありました。さすが手慣れた音の印象でこれも大変良かった。

ホールに置かれたスピーカーの音は自宅とはかけ離れた環境であっ

てなかなか判断が難しい。私は自作3WAyの音が好きだがアルテッ

クのほうが良いという人もいるわけで今回の評価も私の好みという

ことですね。

2017年8月20日 (日)

オーディオ機器を更新する

メインのスピーカーを換えました。

P8160017

これですね。JBLの中古品です。問屋団地にある某ショップで購入。

P8160014

つい2ヶ月ほど前にJBLの4312Bを購入したのだが、どうもヤマハの

1000Mと音の質が変わらないどころか細かいところの解像度が落ちる

ように思うのですね。さらにJBLというと歌声などに独特の響きがある

ように思っていたのだがそれも感じられなかった。

P8160018

いろいろ調べるとJBLの音色はホーンスピーカーにより独自のものを作

り出しているらしい。それならばというわけで大型のスピーカーを購

入することになりました。実際に現物をみるととにかく今までに経験

したことのない大きさです。ウーハーは38センチ。中域と高域はホー

ン型で前にせり出している。高さは1m以上あるし重量は65kgもあ

る。とても一人では運べないので息子の力を借りました。現代は細身

や小型のスーカー全盛時代にあってこのような物を選ぶとは時代錯

も著しい訳だが大型なりの良さもあると思うのでね。

P8160016

大型のスピーカーのせいか小出力のアンプでは駄目なようです。JBLス

ピーカーに相性がよいとされる真空管アンプで自作キットのトライオー

ドを繋いだのだが音がスカスカでとても聴いてはいられなかった。ラッ

クスのA級アンプ550Xでも力強さがない。以前にジャンク品で買った

アンプを出してきました。古い物だが重量は30kg以上あって馬力は十

分です。トランスなども高級部品が使われていて手抜きは感じられな

い製品です。

P8160012

1000Mも4312B処分しました。使わないのに置いていても無いのと同

じだし、何より置くスペースがないものね。音はホーン独特のさわや

かな中域であってなかなか良いじゃないの。ホーン臭さは強くなくこ

れならクラシックも大丈夫。これから存分に楽しめそうです。

2017年8月 7日 (月)

ジャズ喫茶 香婦里訪問

鯖江の香婦里です。

P8068813

広い道路側に有るのだが何度か通っていても全く気が付かなかった。

目立たない店ということでしょう。

P8068811

昔懐かしいという雰囲気の店ですが悪いわけではありません。店内に

は年配のご主人と漫画を読みふける中年男性のみで好きな席に座るこ

とが出来ました。壁際にはレコードやCD。そして音響機器、漫画本

などが並べられています。

P8068802

注文のアイスコーヒー。普通です。

P8068807

店内に音響機器は揃っていてジャズが流れているのだが、いかんせん

音量が小さい。音響の場合有る程度音量が無くてはね。それよりも本

棚にはジャズやステレオサウンド誌など音響関連の本が並んでいます

。特にステレオサウンド誌は40号あたりが有ってこれは凄い。私も

古いステレオサウンド誌を集めているのだが昭和の時代のものなので

なかなか集まらないのです。そうかここに来れば古い本が読めるのか

と何か良いものを発見したような気分になりました。入店して直ぐに

本棚を見ていると、ジャズの本はあちらですよと店主が言います。ど

うも私のあやしい雰囲気がお茶を楽しんだり漫画を読んだりする客に

は見えない模様でそうなんですか。こちらは音よりも読書を楽しむ店

だな。古いステレオサウンド誌は貴重なのでまた読みに来ましょう。

2017年7月 9日 (日)

JBLでジャズを聴く

ジャズはJBLのスピーカーで聴くというのが決まり事らしい。ハー

ドオフで古いJBLを見つけたので買ってしまいました。ベイシーで

その音を聴いた影響なのでしょうかジャズも少しずつ聴くようにな

ったのでね。

013
ジャズを聴くための入門機として爆発的に売れた物らしい。30年

前の製品です。

012
中域は元気がある感じ。低域はだらだらと伸びているようでとても

クラシックを聴く気にはならないのだがジャズの場合これが全く気

にならないから不思議だ。

3
スタン・ゲッツのカフェ モンマルトル。コペンハーゲンのカフェ・モ

ンマルトルでのライブ録音から抜粋したらものらしい。ジャケット

憂いに満ちた女性の表情が素晴らしいでしょう。実はこのジャ

ットを見てスタン・ゲッツを聴き始めました。

2
同じくスタン・ゲッツで1955年の録音。ライブ録音のためか高

域がもの足りないのだが客との呼吸が感じられます。 

2017年7月 1日 (土)

ジャズ&ギャラリーカフェ YUGEYA 訪問

近江八幡市の住宅街にあるジャズ喫茶です。

Photo
店舗名のYUGEYAと聞いても意味が分からないわけだが、マス

ター川岸氏代々の屋号「弓削屋」としたらしい。

024
ジャズファンである川岸氏は会社を早期退職し、自宅横にこの店

舗を建てたという。店内は少々ごちゃごちゃしているように感じる

のだが。

027
スピーカーはJBL4344。音のコントロールはカウンター側奥で

されているのだがアンプ類は何を使っているかは不明です。

022
アイスコーヒーは作り置きではなく一杯毎に冷やして提供してい

る模様です。

036
昼下がりシニア風の客が途切れなく訪れます。マスターとキース

ジャレットがどうのとか話しているのできっとジャズマニアなのでし

よう。

038
実に柔和な方でその恰幅からしてもこの店に調和しています。福

井から来たと答えると遠いところからと驚いていました。なぁーに

普通ですけどね。流れているジャズはかなりの音量なのだが、皆

さん心静かに時間の過ぎるのを楽しんでいるようでした。音響を

楽しむというより音楽を楽しむという店なのですね。

049
ジャズセッションの案内です。素敵。

2017年6月29日 (木)

ジャズの流れる リールフランでランチ

大津市北比良にあるジャズの流れる喫茶店です。ジャズ喫茶とし

ていないのですがなぜかは後で判明します。

020
161号線比良ランプを降りてすぐの所にあります。何故かこの辺

りは洒落た住宅が多く建っていて何処ぞの別荘地に来たような雰

囲気ですね。

004
洋館風外観の店なのでおじさんには少々入り難かったのだが、店

内は古いテーブルや椅子が置かれていて特に違和感はありませ

ん。店は御夫婦で運営されているようです。

010
壁際にオーディオ機器が置かれています。アンプはマッキントッシ

ュ。スピーカーはJBLの4344。典型的なジャズ喫茶のオーディオ

セットなのだが音量が小さい。どうもBGMとしてジャズを流してい

るようで、ジャズ喫茶としていないのはこのせいだな。オーディオ

機器は極めてマニアックなのに出ている音がこの音量では如何

にも物足りない。ミニコンポの音と変わらないわけで高級セットを

使用する意味が無いとおもうのだが。

012
昼時なのでサービスランチを注文しました。こちらはカツですが海

老フライもあります。

013
カツは柔らかい。厚みがあるので見た目以上にボリューム有り。

016

017
レストランの味ではなく家庭的な味付けでした。

019
一杯毎に煎れているらしい。ジャズの音量が小さかったのは残念

でしたが食事も出す店としてはこれくらいが限度の音量なのかも

知れない。客のおばちゃん相手に大音量のジャズでは腰を抜か

す恐れがあるのでね。