2018年9月22日 (土)

横浜中華街でランチ

P8291003

中華街大通り善隣門前です。暑い日にもかかわらずすごい人出だな。

P8291002

有名店はあまた有るわけだがそういうところに行けるはずもなく近く

の店にしました。楽園です。ここなら私にも入れそうだ。

P8290992

時間が遅いせいか客は少ない。好きな席が選べました。

P8290988

先ずはビールを注文。ザーサイが付いてきました。そしてランチ用ス

ープも到着。

P8290990

ランチは3種あるのだが高菜炒めを選択しました。650円で中華街

でもこういう店があるのか。王将のようなまろやかな炒め物ではなく

濃いめでぐいぐいと押してくるような味。さすがに中華街の店だね。

うちはうちの味で出しますよと言っているようだ。

P8290991

濃いめの味なのでご飯が進む。ランチだからね、計算されているのか

も知れない。

P8290996

杏仁豆腐も注文しました。市販品をそのまま出しているような味でこ

れは外れ。店内には年配の女性と若い女性がいるのだが、年配の方は

日本語と中国語を使い分けています。若い女性との会話や厨房への連

絡は中国語であってさすが中華街の店だね。

P8291006

すぐ近くに横浜スタジアムが有ります。

2018年9月21日 (金)

海鮮アトム鯖江店でランチ

しばらく来ていないうちに改装したのですね。外観もずいぶんきれい

になっていました。

Dsc01003

一人なのでカウンターに座ります。最近のアトムはすべてこうなった

のでしょうか、タッチパネルが備えられています。

Dsc01007

気になったのはこれ。こぼれたお湯を回収する排水孔がありません。

こぼれることは多々あると思うのだがどうするのだろう。

Dsc01002

おすすめランチです。この器はどうにも使いにくくて気に入らないわ

けだがなぜこんな形状にするだろう。職人さんもきっと寿司を入れに

くいに違いない。この並べ方、そんな風に見えませんか。

Dsc01000

みそ汁はセルフだがアラ汁ではないし、味噌が変わったようです。以

前より数段美味く感じました。

Dsc01004

福井サーモンの味の違いは。分かりません。

Dsc01005

久しぶりの回転寿司なのであってすべてが美味い。ご馳走様。

2018年9月15日 (土)

小浜 五右衛門で刺身定食

小浜で魚といえばこちらの店になるらしい。若狭小浜お魚センター内

にある五右衛門を訪問しました。

P9151063

フィッシャーマンズワーフの道を挟んで反対側にあります。ずいぶん

派手な玄関ですがこの幕がなければ普通の魚屋という外観です。

P9151064

有名なのは刺身定食だがその他にも魅力的な料理があって迷ってしま

います。相方は焼き鯖定食に決定。

P9151052

昼過ぎであるが席は7割ぐらいの埋まりです。大きいテーブルが四つ

で合席との説明がありました。

P9151054

刺身定食が運ばれてきました。

P9151057

刺身の量が多い。入口のメニューにあったが、つばす、サーモン、し

いら、湯引き鯛、カンパチ、イカ、甘エビらしい。一人前がこんなに

多いのは初めてだな。

P9151058

飯も美味くて量も多い。定食のご飯はお代わり自由だそうだがする

人はそう多くないでしょう。

P9151059

こちらは焼き鯖定食。鯖は普通だったとのこと。

P9151066

本日は放生祭りの初日で山車の準備をしていました。ずいぶん立派な

もので小浜にこんな文化があるのか。実に素晴らしいし羨ましいです。

2018年9月12日 (水)

北浦和の「斗露路」で十割蕎麦

博物館観覧を終えて北浦和駅に着いたのは午後一時頃。孤独のグルメ

井之頭五郎ではないが腹が減った!

P8280868

駅正面に蕎麦の看板がありました。十割蕎麦でつゆにもこだわってい

るらしい。

P8280862

昼時だったからでしょうか、いきなり店員からランチは鶏天丼との説

明があります。はい、それにします。

P8280863

せいろ蕎麦と鶏天、サラダです。カウンター前には年配の店主が立っ

ているのだがその横に若い女性が白衣を着て料理を作っていました。

蕎麦屋でこういう光景は実に珍しいように思うのだが修行中なのだろ

うか、気になります。

P8280864

細麺でつるつると喉越しが良過ぎるだがこれで十割とは驚きです。

P8280866

鶏の胸肉と野菜の天丼ですが鶏が大きくてボリュームがあります。

P8280865

ランチにしては蕎麦も天丼も量が多くて満足しました。ご馳走様。

2018年9月 8日 (土)

泊まりは東横イン小田原駅東口

小田原での泊まりは東横インでこちらで3泊します。なぜこここで3

泊もするかというとそこには深い事情があるのです。

P8270777

実はここ小田原駅東口店は当日が開店初日なのです。東横インの場合

開店してしばらくはサンキューゴメンネキャンペーンと称して一泊税

込み3950円で泊まることができます。都内だと東横インでも80

00円ぐらいになるのでそれから見ればかなり得でしょう。東京まで

は普通列車でも約1時間なのでそれぐらいは我慢しましょう。

P8270758

室内は当然ピカピカですが全く変わり映えしない造りですね。

P8280779

開店早々の店はサービスが行き届かないことが多い。料理の補充が追

いついていないのだがこれだけ出ていれば良しとしよう。

P8280780

こちらのスクランブルエッグは湯温で作っていないようで少々堅かっ

た。

P8280783

にんじんのジュースのようでこれは珍しい。お腹は十分膨れたので満

足しました。

2018年9月 6日 (木)

小田原駅前で銀座ライオン

小田原にやって来ましたよ。もちろん青春18きっぷを利用してで

ね。5時の越美北線で出発。着いたのは午後4時頃でした。東海

線を走る普通列車もいろいろで豊橋、浜松間の車両は椅子がカマ

ボコ型で尻が痛くなる上、冷房の効きが悪く汗をかきながらの乗車

た。温度管理というものを知らないのかしらね。

P8270746

提灯が小田原に着いたことを実感させる。

P8270751

最近の新幹線駅でよく見るような外観の小田原駅。

P8270774

ホテルに荷物を置いた後は何が何でもビールを飲みたい。駅前の銀座

ライオンです。東京にある店の支店らしい。

P8270762

暑い一日だったのでビール大も一気に飲めます。

P8270769

先ずはチョリソー。

P8270766

なにやら下にパスタがあった。

P8270770

P8270773

チョリソー以外の料理はハーフサイズです。一人なので店員が勧めて

くれたのだが丁度良い量でした。

P8270772

もちろん追加のビール。美味かった。

2018年9月 5日 (水)

旬の心で食事会

越前竹人形の里2階にある旬の心です。7人で訪問しました。

P8250735

事前にお願いしておいた料理。先にお酒も飲みたいのでね。以前はビ

ュッフェがあって料理の種類も多かったはずだが、今は定食主体のた

めメニュー以外ではこれぐらいとのことでした。ネギ焼きは自慢の品

らしく確かに甘くて美味かった。

P8250739

定食ですが厚揚げはハーフサイズでお願いしています。

P8250733

鮭のホイール焼きですね。これは店が気を利かせてくれた物。

P8250734

P8250738

前回訪問したときに厚揚げ一枚は多すぎると感じたので半分にしてい

ます。県外の人もいるし酒も飲んでいるのでね。

P8250736

最後にご飯が出たのですが蕎麦を食べたかったという意見が多かった

です。こちらの蕎麦はなかなか美味いらしいので次回は蕎麦で締めく

くるとしましょう。ご馳走様。

2018年9月 2日 (日)

毎月一日は丸亀製麺なのだ

とにかく釜揚げうどん半額というのが素敵であるわけです。

Cimg0127

うどんは大を選択。ネギは別の器にも取っています。そういえば讃岐

うどんにネギを大量にのせた食べ方に対して、讃岐うどんを提供して

いる店からクレームがついたらしい。ネットで話題になったようだが

ネギののせ方ぐらい好きにさせてよ。ネギラーメンがあるのだからネ

ギうどんがあって当然ではないですか。ネギの苦みがうどんの味を殺

すとということで反対しているようだが私の場合全く問題ありません。

Cimg0128

穴子とかき揚げだが時間がたっているらしく穴子はかちかちでした。

うーむ。

Cimg0129

ネギはうまい。別に苦くは感じないけど。

2018年8月26日 (日)

新味覚で餃子

日本の餃子は外国人にも大人気らしい。そんな様子をテレビで見ると

どうしても食べたくなって四日市に行って来ました。いや通販でも手

にはいるのだけど店で焼いたのはまた味が違うのでね。思いついたの

が遅いので着いたのは午後3時半頃です。この日は日曜日だったのだ

が、お盆過ぎということで早く店を閉めたようです。4時過ぎには売

り切れの看板が出ていました。危なかった

P8190730

四日市駅前店が再オープンするらしい。ずっと閉店していたのだが人

員不足だったとのこと。

P8190726

これですよね。ぱりぱりに焼けていて、それでいて油ぽっくないこの

皮も美味いのです。

P8190727

もちろんタレにはたっぷりの刻みニンニクを入れます。

P8190728

酢を入れる人もいるがこれでも十分美味い。

P8190732

三人前で終了しました。店員が追加についてしっつこく聞いてきた

は店を早く閉めるためだったのだな。美味かった。

2018年8月24日 (金)

山中温泉 たねだで天ぷら定食

総湯近くのたねだを訪問しました。玄関前のメニューには天ぷらが出

ていて得意の料理であるようです。店内はカウンターと小上がりが二

つのようで、カウンターの前にいた主人に二人であると告げたのだが

「好きなとこ」との返事でした。

Dsc00995

カウンターの横には吉田類の写真もあります。酒場放浪記の取材で訪

れたようだ。この写真の前に撮ってよいか尋ねたのだが返事はなし。

駄目と言われないので良いのだろうと撮り始めたのだが気になる。天

ぷら定食は二種類あるので違いを尋ねたのだが、海老と量が違います

とのこと。いかにも無愛想に感じたのだが、この後入店した三人組の

注文にも返事がなかったのでどうもこれが普通らしい。上天ぷら定食

を注文しました。

Dsc00989

Dsc00990

Dsc00991

Dsc00993_2

Dsc00994

おいしくいただきました。ご飯の量が少なく感じたのだがお代わりが

できるらしい。もちろんこの時には説明がなかったのですけど。吉田

類はにこやかに写っているのだが会話に苦労したのではないだろうか

。再放があればぜひ見てみたいものです。

2018年8月 7日 (火)

京都でせんべろ

せんべろとは1000円でべろべろに酔えるということらしい。京都

では有名という「庶民」を訪問しました。

P8060712

阪急大宮駅の目の前にあります。

P8060713

立ち呑みというのが初めてなので勝手が分からない。店は狭くて奥に

長いのだが入店すると一番奥に行くよう指示されます。先ずは生ビー

ルと造りの盛り合わせを注文。吊り下げられたメニューで目の前に

ったのでね。生ビール250円。造りは500円。隣のおっさんがハ

イボールを片手に「醤油はそこにあるで」と教えてくれました。優し

い人だ。

P8060716

少し落ち着いてほかのメニューを注視するとこの盛り合わせが最も高

額な一品であるようだ。厚めに切ってあって食べ応えはあるのだが味

は普通。

P8060717

牛スジ煮。相当煮込んであるというか煮込み過ぎじゃないか。この暑

い時期に注文する人は少ないということでしょう。200円。

P8060719

店内には若い女性や夫婦と思われる方もいて決して男だけの店ではあ

りません。若い女性が注文していたのでつられて注文した唐揚げ。1

50円。

P8060718

ビールも追加です。立っている横には瓶ケースなどが積まれている

だが、その隣がトイレらしい。何人も出入りするので落ち着くこと

無論できない。メニューすべてをじっくり見ることができなかった

だが、ウニの造りなどもあったようです。次回は常連客の顔をして

マートに楽しみたいですね。

2018年8月 6日 (月)

京田辺 山ぶき再訪

P8060698

前回訪れたときは車だったのでお酒は頂けなかった。そのためずっと

後を引いていたのですね。青春18きっぷを利用してやって来ました。

P8060683

京都も暑い。先ずはビールですね。それとおまかせ三品というのを注

文しました。一品目は酢の物です。

P8060687

ニシンの入った炊き合わせ。薄味でほのかに甘く実に上品です。

P8060688

これも薄味です。

P8060689

蕎麦定食です。

P8060690

P8060691

P8060692

炊き合わせですが始めに出た物とは違っています。

P8060696

少々添えられた昆布が実に良い。おにぎりに合うのです。

P8060697

最後に蕎麦です。本日は富山産らしい。普通盛りの半分くらいの量で

すがもうこれで十分でした。満足、満足。ご馳走様。

2018年8月 2日 (木)

丸亀製麺で釜揚げうどん半額

毎月一日の半額日を見逃す手はないでしょう。

Cimg0119

釜揚げうどんにトッピングは野菜かき揚げです。

Cimg0121

うどんは(徳)サイズで240円。

Cimg0120

かき揚げは130円。大きいです。

Cimg0125

天ぷらの置き場には品切れのようだったので注文で揚げてもらいまし

た。あなご天230円。腹一杯の大贅沢です。ご馳走様。

2018年7月30日 (月)

谷口屋 旬の心で油あげ御膳

越前竹人形の里にある谷口屋の分店ですね。

Dsc00944

団体客にも十分対応可能な広い店内ですが、平日のせいか客は少ない

ようにみえました。

Dsc00943

ここに来て油あげを食べないことはあり得ない。油あげ御膳を注文し

ました。

Dsc00948

油あげには最初そのまま、ついで塩をかけて味わう。ついで大根おろ

に、あげステーキたれをかけて味わうようにとの説明があります。

Dsc00950

油あげの姿を見て興奮してしまい思わずかじりついてしまいました。

いや箸で切ろうとしたのだが、あげが意外に手強く簡単に切ることが

できなかったのです。

Dsc00952

大根おろしは一気にあげに乗せるのがよいでしょう。たっぷりあるし

さらに追加もokです。

Dsc00953

豆腐関連の料理を満喫しました。あげは大きくてこれで物足りないと

いう人はいないでしょう。私の好みからいうと初めから大根おろしで

食べたほうが美味いと思います。ご馳走様。

2018年7月29日 (日)

海鮮アトム敦賀若葉店

海鮮アトムは全部で11店舗あるわけだが敦賀若葉店は初めての訪問

です。これで全店制覇ということになるのだがずいぶん時間が掛かっ

たものだ。平日の昼前に入店したのだがいつものランチメニューが

あたらない。店員からも全く声が掛からないのでランチの無い店な

だと勝手に解釈したのだがホームページにはありました。

P7250647

本ヒラメのエンガワとされるもの。ずいぶん淡泊な味でカレイのエン

ガワしか食べていない者には物足りないぐらいです。

P7250649

P7250650

P7250651

本日のおすすめとされるカンパチトロ。脂が甘くて美味い。

P7250652

P7250653

P7250654_2

イワシで口中をさっばりさせて。

P7250657

美味かった。ご馳走様。

2018年7月20日 (金)

明智鉄道山岡駅かんてんかんで寒天冷やし中華

岐阜県恵那市はNHK連続ドラマ「半分、青い」の影響で訪れる人が

多いらしい。折しも「とうちゃこ」で知られる日本縦断、心の旅で火

野正平氏が訪れたのが山岡駅だ。

Dsc00941

Dsc00914

山岡駅にはかんてんかんというショップとレストランが併設されてい

る。かんてんかんとは変わった名前だが実はこの地、山岡は日本一の

寒天産地らしい。海から遠く周囲が山だらけの地で日本一とは不思議

なことであるが、冬の寒さが寒天産地として適しているらしい。

Dsc00922

Dsc00923

もちろん寒天のPRエリアもあります。

Dsc00935

放送で正平氏が注文していた寒天冷やし中華。

Dsc00936

この皿は普通のようです。

Dsc00937

細かい寒天が入った汁を掛けてくださいとのこと。なるほど。ピンク

の飲み物は寒天の入ったもの。その上は寒天を飴で包んで堅くしたよ

うなもの。さりげなく寒天を使うことに腐心しているようです。実際

何の邪魔にもならずおいしくいただきました。ご馳走様。

2018年7月16日 (月)

丸亀製麺で鴨丼

丸亀製麺では店自慢の釜揚げうどんをいただくのはもちろんなのだが。

Dsc00911

本日は穴子の天ぷらがないので、いか天と野菜かき揚げを選んでいま

す。

Dsc00912

これは初めて見ました。鴨肉に粉をつけて油で焼き、ご飯に乗せて丼

とした物。上の白いのは生姜です。合鴨と思うが思いの外柔らかくて

もちろん鶏より別の旨みがあります。汁は甘辛くてご飯と合うね。小

サイズしかないのは、うどんが本業だとする亀田製麺の矜持でしょう

か。ご馳走様。

2018年7月15日 (日)

京田辺 山ぶきで天ざるそば

京都府京田辺市にある「山ぶき」は蕎麦の名店として名高い。あまか

ら手帳などに何度か登場していて訪問の機会をうかがっていました。

Dsc00894

車での訪問です。店の裏手に有料駐車場があって駐車券を持参すれば

無料の印がもらえます。開店は11時半からだが5分ほど前に到着し

ました。

Dsc00896

本日の蕎麦粉は富山産らしいのだが大野産も使っているらしくてなに

か嬉しい。

Dsc00897

蕎麦屋にしては珍しいと思うのだが、蕎麦を中心とした定食物が充実

しています。炊き合わせなど京都らしい料理が付いてしかも手頃な価

格であってぜひとも注文したかったのだが提供は12時からだという

早く入店した人は一品料理に舌鼓を打ちながら一杯やり12時を待

ということらしい。私もそうしたかったので相方に運転をお願いし

のだが「いや」の一言のみ。仕方あるまい。これぞだし巻きという

らいのふわふわした食感です。

Dsc00904

穴子の焼いたのだが蒸しは入っていなくてばりばりした食感です。香

ばしさはあるのだが私のイメージとはちょっと違いました。関西風と

言うことでしょうか。

Dsc00900

大盛りの天ざる蕎麦です。

Dsc00901

細麺できりりと角が立っています。さすがに雑誌に登場するだけのこ

とはある。蕎麦独自の旨みも十分でするすると喉を通過していく。

Dsc00903

エビ2本に野菜。からりと揚がっていました。

Dsc00906

蕎麦も美味いが一品料理や定食が実に魅力的でこれで一杯やれたらど

んなに幸せだろう。電車での再訪を心に誓ったのでした。

2018年7月 8日 (日)

かっぱ寿司でファグラ入り茶碗蒸し

所用で松本へ。平湯からは安房峠トンネルを通れば楽だし早いのだが

、通行料がもったいないので旧道を走ります。

Dsc00869_2

緑のトンネルの中を走るのはなかなか気持が良い。カーブが連続する

ところがあるものの通行車は少ないし景色も悪くない。昔はみんなこ

の道を走ったのだよね。

Dsc00871_2

158号線沿いのかっぱ寿司です。回転寿司業界で一人負けの状態だ

ったらしいが、食べ放題を実施するなどして状態は上向きつつあるら

しい。メニューを見ても以前はいつも同じ内容の感じだったが変わり

種が増えていました。この減塩醤油は私のお薦め。

Dsc00872_2

たとえばこの極上とされる生ウニは一貫280円で以前のかっぱ寿司

ではあり得なかった物。

Dsc00873

Dsc00874

Dsc00876

Dsc00877

Dsc00878

Dsc00879

そしてこれですね。ファグラの入った茶碗蒸し。380円。ファグラ

など食べたことは数えるほどしかないわけだが、そのなめらかさや口

に広がる濃厚さはいかにもそれらしい。黒っぽい甘みのあるソースが

掛けられていてこれがファグラの旨みを増加させています。美味い。

寿司の名店でこれが出てくると違和感を感じるだろうが、回転寿司店

ならば全く問題ありません。

Dsc00880_2

エビで終わりとしましょう。ご馳走様。

2018年7月 5日 (木)

七間本陣で三間盛りそば

開店時間の11時に店の前に行くと準備中の札が掛けてある。かまわ

ず戸を開けて中に入りました。開店時間は守っていただきたい。

Dsc00884

間口が狭く奥行きがあって、京都に多い店のような雰囲気です。

Dsc00885

本陣そばが一番人気らしい。強気の値段設定のようにも感じるが十割

そばなら普通かも知れない。四間盛りを注文しょうとしたのだが店の

おばちゃんに「多いですよ」と言われて三間盛りに変更しました。

Dsc00886

本陣蕎麦はおろしそばと盛りそばのセットです。こちらはおろしそば。

Dsc00887

そしてこちらが盛りそば用です。わさびはもちろん本わさび。以前は

わさびを自分で擂っていたのだが、擂ったのを出すのに変えたみた

です。

Dsc00888

三間なので盛りが三つですね。まずは盛りそばで。わさびの香りが程

よくそして甘い。出汁はほどほどの辛さでどっぷりつけても大丈夫で

す。麺は細くて私好み。美味い。麺の旨みが口中に広がるのだよね。

Dsc00890

おろしそばのつもりだが欲を出して鰹節を乗せすぎたので麺がまるで

見えない。

Dsc00891

これぐらいにしておくべきでしょう。出汁は少し甘みが勝っているよ

うに感じる。だいこんおろしが十分に甘いのだから控えても良いので

は。うまいのはもちろんなのだけどね。

Dsc00892

そば湯をいただいてあー美味かった。大野ではこちらをお勧めします。