« 小六庵で頂くのは鴨つけ蕎麦 | メイン | 初詣は敦賀の氣比神宮で »

2011年12月31日 (土)

晦日に頂く手打ち蕎麦

 

毎年12月31日は大晦日だという。

そして晦日には年越し蕎麦を食べるのが普通らしい。

年越し蕎麦には、細く長く達者暮らせることを願う、という意味があ

らしく、何かとてつもなく良いことになりそうな気がする。

というわけで、近所の蕎麦打ち愛好家が持ってきてくれた蕎麦を頂く

ことにしました。

027

蕎麦打ち仲間、何人かで打ったとのことです。

厚みも幅も揃っています。

029

約2分の茹で

先ずはおろし蕎麦です。

030

続いて鴨汁蕎麦を作ってみます。

もちろん鴨の生肉などないので、合鴨のスモークを使います。

 

032


 

鴨の脂が有れば申し分ないのですが、とりあえずサラダ油で

034

 

焼きすぎてしまいました。

036_2

 040

 それでは頂きます。

反省点。   ネギは焼きすぎないこと。

         汁に入れる山椒は多すぎるくらいでちょうど良いです。

ブログタイトルに荒島岳としておきながら、荒島岳についてのトピック

は何もないことに気が付きました。

014

 

昨日夕方の荒島岳です。

 

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/529037/27687457

晦日に頂く手打ち蕎麦を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム