« 2016年10月 | メイン | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月28日 (月)

岐阜サウンド・ハンターで試聴会

LUXMANからクリーン電源が新発売されたという。それを使用し

たら音はどう変わるのか、LUXMANが主催の試聴会です。

012
サウンド・ハンター岐阜店は21号線沿いにあるオーディオ機器販

売店です。岐阜では有名店であるらしい。

PhotoこれがLUXMANのクリーン電源とされるもの。オーディオマニアに

は入力側のノイズや歪み、電圧変動などを嫌う傾向がありそのよう

なものを取り去るクリーン電源なる物が発売されるというわけです。

内部にPCMサイン波形を生成し、出力波形と比較制御して正確な

サイン波形を出力します。原理的には歪みやノイズ、電圧変動は

低減され発電機からの出力波形と変わらない状況が作り出されま

す。しかしね、と、ここで疑問が発生するわけだが、そもそもオーデ

ィオ機器には安定化電源が組み込まれていて入力の変動に対し

て出力が変化しないようにされている。特にアンプでは大出力のト

ランスや大容量の電解コンデンサを使用し、入力変動に対応して

いるのを売りにしているほどだ。そのような状況の中、クリーン電

源を使用して如何ほどの効果があるのか。実に興味深いことであ

る。

001

003
スピーカーはB&Wの803らしい。270万円余りの値段が付いて

いました。LUXMANの説明では、クリーン電源の差を知ってもら

うためにB&Wを使用しているらしい。

005
クリーン電源接続あるなしで音の違いを聴いてみたのだが、クリー

ン電源使用時の出力レベルが少し高いように感じられた。説明で

は歪みが減って奥行き感が増加しているという。本当かしらね。そ

れよりもB&Wスピーカーの音の素晴らしいこと。くっきりすっきり

でありながら刺激音は全く感じられずこれは凄い。実は良い音を

求めて各地を彷徨っているわけだが、今まで納得のいく音には巡

り会ってこなかった。くっきりすっきりの音はあるのだが刺激音が

ついて回り私好みの音ではなかったのです。このB&Wにはまい

りました。もちろんLUXMANも最高のアンプとプレイヤーを用意

しているわけで良い音の要素はあるのだが、やっぱり音を決める

のはスピーカーだね。一聴して今まで聴いてきた音と全く違うとい

うのが分かります。拙宅の音と比較するのも愚か。上には上が有

るものです。しかし20分の1の価格でもシニアには厳しいのであ

って夢のまた夢だね。

2016年11月24日 (木)

松屋の厚切り豚テキ定食を検査する

松屋から豚テキ定食なる物が発売されたという。

2
見るからに分厚い豚に美味そうなソースが掛かって定食は730円

であるという。おそらく松屋では最高額商品であろう豚テキを早速

いただいてみましょう。

009
持ち帰りを利用しました。持ち帰りなのでみそ汁は付きませんが

結構量のあるサラダが付きます。

014
肉は150グラムあるらしいです。かなり厚みのあるのを切ってソ

ースに浸してあります。ソースは甘辛でニンニクの匂いが強いの

ですが味は強くありません。熟成チルドロースを使用していて柔ら

かさには自信があるようだがそれ程柔らかいとは感じなかった。

焼き方が難しいのかも知れません。豚テキというとどうしても四日

市の「まつもと来来憲」と比較してしまうのだが松屋のはまだまだ

研究の余地があるといえそうです。サラダは量もあって美味かっ

たです。

Photo
こちらが松本来来憲のとんてきです。値段相応といわれそうだが

見ただけで勝負あったという感じですね。

2016年11月10日 (木)

なか卯の生うに丼を検査する

巷では、なか卯のうに丼が話題になっているらしい。食い物につい

ては関心がないのであるが人気商品とあれば確認しなければなる

まい。

Photo
890円はなか卯商品の最高額であるらしい。

Pb107138
さあきました。左のは豚汁です。合計で990円。汁は右に置くべき

だと思うのだけどね。

Pb107139
最近販売を開始したらしいです。豚の脂と具の甘みと味噌が合わ

さって美味い。

Pb107140
ウニの量はまあこんなものか。口の中がぴりぴりするので高級品

ではなさそうだが味は悪くありません。イクラはおまけ程度です。

特製醤油を掛けていただきます。昼前に入店したのだが残念なこ

とに御飯は熱々ではなかった。熱々だとなお美味しくなるのにね。

Pb107141

金印の安曇野の本わさびとされています。金印のわさびは刺身

パックに付いているのを見るのだが、味に違いは感じられなかっ

たです。

Pb107142
特製醤油の他に山椒を少し掛けてみたのだが特に掛ける必要は

ありません。

2016年11月 6日 (日)

白鳥くらぶていでランチ

季節に誘われて気ままなドライブということで美濃街道を走ってみ

たのだが紅葉は期待ほどではなかった。暖かい日が続いていたせ

いでしょうか鮮やかさがないのですよね。仕方がないので景色は

諦めて久しぶりに白鳥町でランチとしましょう。

014
駐車場は広いので好きなところに停めてください。

008
ご夫婦と女性店員一人で営業中のようです。いつも厨房にいた息

子さんは今日見かけないですね。

010

002
本日のランチはオムライスとカツなど。

003

何処にでもあるようなオムライスですがこれがよいのです。ケチャ

ップライスの中にはグリーンピースが隠れていて、そういえば昔の

には入っていたな。

004
チキンカツですね。柔らかくて美味い。

005

006
みそ汁はもちろん赤出し。

011
左のはヨーグルトです。コーヒーはミニカップであって、ここは普通

サイズが欲しいですね。

012
右側のチーズケーキは当日男性デーということでサービスでした

。ケーキの甘みは薄かったけどこうなると普通サイズのコーヒーが

ますます欲しくなります。注文はしなかったけど。

2016年11月 3日 (木)

丸亀製麺で釜揚げうどん半額

毎月一日は釜揚げうどんが半額になる有り難い日なのだ。

010

16時半頃到着です。混んでいるだろうと思って早めに来たのだが

店内は空いていました。

009

004
自慢の天ぷらは海老、イカ、そしてちくわを選択。この選択はスタ

ンダードといっても良いでしょう。

002
うどんはもちろん特盛りです。しかし特盛りといっても桶が大きい

だけでうどんの量はたいしたことはありません。今の1.5倍を特

盛りとしていただきたい。

003
大量のネギは欠かせませんね。

001
相変わらずの安定した味です。香川の有名店に行ったことがない

ので比較できないのだが、こちらのうどんも十分美味しいと思いま

す。

2016年11月 2日 (水)

神尾真由子 ミロス・クルティシェフ ディオ・リサイタル

ハーモニーホール小ホールでのコンサートです。

011
神尾真由子氏はヴィオリン部門チャイコフスキー国際コンクール

優勝者です。20歳のことらしい。NHKのドキュメント番組で活動

様子を見たのだが、芯の強い人のようで我が道を行くという印

をもったものだ。

Photo

3
ミロス・クルティシェフは同じ年のチャイコフスキー国際コン

クールピアノ部門2位でこの年は1位の該当者はいなかっ

たらしい。

2
プログラムには何も記述がないのだが二人は夫婦であって連れ

だって演奏活動をしているらしい。

013
席は最前列の中央右側。ヴィオリン・ソナタなので一番前の席を

選んだのだが、椅子の位置が低すぎて見上げるかたちになる。

音も頭の上を通り過ぎていく感じであと50㎝高ければ良いのだ

が。演奏曲目はブラームスが3曲。ヴィオリン・ソナタ 第一番、

2番そして第3番。ブラームスの交響曲や協奏曲は聴いたことが

あるのだがヴィオリン・ソナタとなると初めてかも知れない。弦

音は響きが素晴らしくメリハリも十分であってさすがに一流の演

奏家は違います。ピアニストも一流であるのだが、ヴィオリン・ソ

ナタにしてはピアノの音が大きすぎて肝心のヴィオリンの音をス

ルしているように感じられた。一体ブラームスはスコアにあ

んな強音を指示しているのかしらね。素人が文句を言っても仕

方ないのだが。アンコールは3曲。1曲目のバッジーニ 妖精の

踊りは奏者の技巧を見せつけるものだった。ソリストにとっては

練習曲みたいなものだろうが、超絶技巧を見せつけられると感

嘆するばかりでした。神尾氏も本当はブラームスよりこんな曲を

弾きたかったのではないかね。

2016年11月 1日 (火)

トライオードアンプとスペンドールスピーカー試聴会

トライオード社は真空管アンプを主力とするオーディオメーカーで

あるが、英国スペンドール社の輸入代理店でもある。今回大宮に

ある「福井オーディオ」でその試聴会が行われました。

001
以前トライオードのアンプキットを製作したことがあり、その時会員

登録をしていたことから招待メールが来たわけです。こちらが福井

オーディオの二階でいつもはAV関係の視聴をしているらしくAV機

器が横に積まれていました。

003
右側のがスペンドールのスピーカー。左のは比較用のJBLですね

005
アンプはTRV-P845SE。特殊な845真空管を使用したもので

、価格は56万円です。うーむ。

010
トライオードの社員のようだったが正体は不明です。CDを直接聞

くよりもリッピングしてディスクに落としてから再生する方が音が良

いという。2000ファイル以上の曲を保有しているらしい。

011
大体初めて聴くスペンドールの音であってアンプの良し悪しなど全

く分からなかった。隣のJBLと比較するとスペンドールは繊細、J

BLは豪快といったところで私はスペンドールの方が良いです。如

何にも現代のスピーカーの音らしく、くっきりはっきりしている。静

寂感もあってこれは音の立ち上がり、立ち下がりが短いということ

でしょうね。自宅のビクターと比べると分解能は良いものの、自宅

で音楽を聴くにはちょっとねと思った。音に刺激感が有るのですね

。こういう音作りをするということは、この音が求められているとい

うことだろうけど刺激音が嫌いな私はごめんだな。

013

015
トライオードからは会員証が送られてきていたのだが、この日会

員証を見せると記念品がもらえるという。どうせ大した物でないだ

ろうと思っていたのだが、帰ってから見るとなかなか良いバッグで

はないか。トライオード様有難うございました。

フォトアルバム